mbedマイコンで分解したHDDのモーターを回るようにしました。
HDDを分解すると、モーターの裏側に4本の端子があって、1本がモーターの共通の端子、他の3つ端子がモーターのそれぞれのコイルにつながっています。
3つの端子に順番に電気を流すことで、モーターを回すことができます。
共通の端子に3.3Vの電源をつなぎ、他をトランジスタにつないでいます。
トランジスタのONOFFをmbedで制御しています。

モーターにはクリーパーさんを乗せてみました。
右向いたり左向いたり、ぐるぐる回ったりするようにしました。
モーターが強いのか緊張しているような動きになりました。

スポンサードリンク