スポンサーリンク

電子ペーパーの回路図

image
電子ペーパーの基板をはんだ付け終わってほっとしていたのですが、そういえば回路を紹介していないことに気付いたので、電子ペーパーとマイコンの間に入っている基板の回路をご紹介します。
image
この基板は、3.3Vから電子ペーパーに必要な22V,15V,-15V,-20Vの4つの電源電圧を生成しています。また、少ないマイコンのピンで、電子ペーパーの多くの制御信号を制御できるよう、シリアルパラレル変換の回路が入っています。

回路図はこんな感じです。
einkpaper_schematic
海外のSpritesMods.comというサイトを参考に、これまでの解析結果を含めて回路を設計しました。
DCDCコンバータにはリニアテクノロジーのLT1945を使っています。このICは正と負の両方を1つのICで生成することができてとても便利です。ここでマイコンの電源である3.3Vから22Vと-20Vを生成しています。このICがdigikeyで500円くらいととても高いです。両方の電圧を生成できるから仕方ないと思って使いました。トホホ
この22Vと-20Vをレギュレータで15Vと-15Vに変換しています。
電子ペーパーの22ピンのVCOMは、電子ブックリーダーを分解して測定した時に-2Vだったので、-2Vのツェナーダイオードで生成することにしました。
RSコンポーネンツで調べるとツェナー電圧ってかなり細かく多くの種類があるものなんですね。2Vのツェナーダイオードで、この回路での実測値は-1.8Vくらいでした。

シリアルパラレル変換は、入手性から74HC595にしました。描画データ用(D0~D7)と制御信号用(LE,OE,NC(10),SPH,GMODE,SPV,CKV,電源ONNOFF)とで2つあります。それぞれのICのデータとクロックは共用して信号線の本数を減らし、ラッチ信号でどちらのICにデータをセットするか決めています。この回路によって、5本の制御信号で電子ペーパーを制御できるようになり、ピン数の少ないLPC1114FN28でも表示できるようになりました。

電子ペーパーのSHR,NC(9),U2CE1,U2CE2はHiに、RL,U1CE1,U2CE2は過去Lowに固定しました。これらは過去の解析結果から、動作中に波形が変化しなかったので、固定としています。VBORDERは抵抗(R11)でGNDにつなげられるようパッドだけ用意して、抵抗はつけずオープンのままとしています。

DCDCや電子ペーパーの電源ON,OFFは、シリアルパラレル変換の74HC595のQHピンで制御しています。このピンをLowにすると、DCDCや電子ペーパーの電源が入ります。マイコンからの指令で、電子ペーパーもろとも電源をOFFできます(74HC595は除く)。

つづく

2016.4.22追加

電子ペーパーの実験セットができました!こちらよりご購入いただけます。作り方はこちら。簡単に作れますよ。

einkset

電子工作
スポンサーリンク
kohacraftをフォローする
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status