昨日作ったコイル達のその後です。

小さいコイル達は、MP3プレーヤーにつなぎます。

大きいコイルは持ちやすいように加工して、パワーアンプにつなぎます。

パワーアンプのスイッチを入れて、MP3プレーヤーを再生すると...

面白いでしょう?!
非接触の音楽が伝送できます。

原理はというと、
MP3プレーヤーにコイルをつないで音楽を鳴らすと、コイルが電磁石になります。電磁石の強さが音楽に合わせて変わります。
手に持っているコイルが磁力の強弱を電気信号に変えています。
この電気信号を、パワーアンプで増幅してスピーカーを鳴らすと、MP3プレーヤーの音楽が聞こえてくるというわけです。
ステレオの左右で違う音楽が入っているので、2つのコイルからそれぞれ違う音楽が聞こえます。

コイルから離すと、磁力が弱まるので音楽の音が小さくなります。
コイルを重ねると音楽も重なって聞こえます。

手に持つコイルが虫めがねみたいなので、ミュージックルーペと名付けました。

小さいコイル達がまだ余っているので、もう少し工作しようと思っています。

スポンサードリンク