実験にも使っている自作のパワーアンプですが、最近片方のチャンネルだけ突然大音量になる現象が発生していました。
原因をいろいろ調べていたら、音量を調節するためのボリュームのグランドにつながるピンの、ハトメが甘く接触不良を起こしていました。
ハトメをさらにつぶしたりはんだ付けしましたが、悪化してしまい全くボリュームが調節できなくなってしまいました。
仕方がないので、もう一個同じ物を買ってきて交換しました。
交換後は、音量が最大になることなく正常に動作しています。
あと、ボリューム本体の金属の部分もグランドにつないでおくと、ノイズが下がるんですね。
ハードオフで買ったアンプを分解した時に、ボリュームの本体とアースがつながっていて、なるほどと思いました。


スポンサードリンク