鉛筆で書いた絵の部分を触ると、LEDが光るタッチセンサーを作ってみました。

今回はトランジスター2SC1815と高輝度の緑色LEDを使いました。
鉛筆で絵を書いて、鉛筆で書いたところと、トランジスターのベースをつなぎます。
トランジスターのコレクタを電源につなぎます。今回はUSBのマイコン書き込み機の3.3Vの電気を使いました。
トランジスターのエミッタにLEDのプラスをつないで、LEDのマイナスを電源のグランドにつなぎます。

鉛筆で書いた部分に指で触ると、LEDが明るく光ります。
好きな形のタッチスイッチができます。

電源は電池にするとうまく動きませんでした。パソコンのUSBとかコンセントから電気をとる電源が必要みたいです。
何かのノイズに反応しているのかもしれません。不思議でした。


スポンサードリンク