image
前回は、昼間充電した電気でLED照明を光らせることができました。今回は、暗くなったら勝手に光るLED照明に改造してみたいと思います。
追加する部品は
・CdS(1MΩ) 1個
・トランジスタ 2SC1815GR 1個
・抵抗 1MΩ 1個
です。

CdSは光センサです。明るいと抵抗値が小さくなり、暗くなると大きくなる部品です。光センサを使った回路や遊び方はこちらに詳しく書いてあります。今回はこの回路を追加して、暗くなったら自動で光るようにしていきます。

回路はこのようになります。
solarbatt6
前回の回路の、スイッチ代わりにしていた配線の部分を、明るさでスイッチする回路に置き換えました。3つの部品を追加するだけでOKです。

さっそくブレッドボードに刺していきましょう。
まずは、前回の作品のスイッチ代わりの配線を抜いて、下の図のような状態にします。
solarbatt7

下の図のように部品を刺していきます。
solarbatt8

  1. 1MΩの抵抗の片方を23b、もう片方を30bに刺します
  2. CdSの片方の足を23d、もう片方の足を25dにさします

トランジスタを下の図のように刺します。

solarbatt9
トランジスタのかまぼこ型の面を電池ボックス側に向けます。

  1. 型番の書いてある面の向かって左のピン(エミッタ)を25eに
  2. 真ん中のピン(コレクタ)を24eに
  3. 右のピン(ベース)を23eに刺します

最後に下の図のように、24c と青いラインの穴とを配線でつなぎます。

solarbatt10
これで完成です!

image

こんな感じです。

CdS(光センサ)を手でおおって暗くしてみて下さい。LEDが光ります。CdSに光が当たるとLEDが消えます。

昼間の太陽光で発電した電気を使って、暗くなったら勝手に光る照明ができました!!

少ない部品で、簡単に作れます。それほど明るくは光らないのがちょっと残念ですが、ナイトライト(常夜灯)にはぎりぎり使えるかなぁ。


次回は、もう少し明るいナイトライトにしてみようと思います。


紹介した部品をセットにしたキットをご用意しました。実験したい方は是非ご利用ください。solarbattset


スポンサードリンク