こんにちはコハペペです。うちは、ベランダの屋根に小さな15wの太陽電池を2枚乗せていて、昼間の発電した電力を24Vのバッテリーにためています。その電力で、夜に、居間や、リビング、机の上などの照明に使っています。
設置してもう3年くらいは経っているとおもうのですが、机の上の照明のLEDの品質が悪かったのか、チカチカするようになってしまい、半分光らなくなりました。
そこで、LEDを交換することにしました。当時は高輝度のLEDを専用の基板に半田付けしていたのですが、今回はLEDライトバーという、アルミ基板に高輝度のLEDが並んで実装されているものを使いました。
物は違いますがamazonにあるこんな感じのを使っています。
ホワイトだと青くて寒そうで、ワームホワイトだとオレンジっぽいので、これらを交互に混ぜることにしました。
上の照明がこれまで使ってきたもので、下が新しいLEDライトバーです。
12V仕様なのですが、12Vだとまぶしすぎるので、DCDCコンバータで9.5Vにしてひからせています。
DCDCコンバータにはこれを使っています。
トランスが発熱するのでそんなに高効率というわけではなさそうですが、小さくて安価で便利ですよ。

LEDライトバーを両面テープで天井に貼り付けて、配線し直せば完成です。無事机の上の照明が新しくなりました。
明るいと気持ちがいいですね。