こんにちはコハペペです。メモリーが大きいmbedマイコンがほしくて、LPCXpresso1549というマイコンボードを買いました。
しばらく遊んでいると、どこかでショートしたらしく、マイコンから煙が上がって壊れてしまいました。マイコンに穴が開いています。
また新しいボードを買うのはお金がもったいないので、マイコンを交換することにしました。
このマイコンは足がいっぱいあります。ここまま半田ごてを使って取るのはほぼ不可能ですが、簡単に取り外す方法があります。写真のようにリードの付け根をカッターで優しく切断していきます。
4辺のリード全てを切ったら細いマイナスドライバーでパッケージを取り外します。
この状態で、半田ごてで残ったリードを優しくなでると、リードがきれいに取り除けます。リードが横に出ているSOPのICやこのマイコンのように4方に出ているQFPのICはこの方法で、簡単に取り外しすることができます。
フラックスを塗って優しくなでるときれいになります。最後にフラックス洗浄剤で拭き取れば完璧。
新しいマイコンを半田付けします。フラックスをを塗ってから、ブリッジしてもいいので適当に半田を付けて、後から半田吸い取り線で余分な半田を吸い取ります。すると、狭いピッチのリードでも簡単に半田付けできます。
半田吸い取り線にフラックスを塗っておくと吸い取りがよりスムーズになりますよ。
ルーペでブリッジが無いかよく確認して、OKならばフラックス洗浄剤できれいにします。交換完了です。
動作を確認します。USBをパソコンにつないで、mbedドライブにコンパイルしたmbed_blinky(Lチカ)をコピー。リセットボタンを押すと、LEDが点滅しました!
修理完了です。
修理の途中で、半田ごてが当たってしまい、ピンヘッダーのソケットが溶けてしまいました…。あまり使わないピンでよかった。