液晶モニターを分解して仕組みを知りたくて、ハードオフで500円で買って来ました。
500円ですがパソコンにつないだら、普通に映りました。
早速分解です。中身には電源と蛍光管の高圧回路の基板と、ビデオ信号を変換する基板の基板2枚と、液晶モニターのモジュールでした。

液晶モジュールを分解すると、液晶と、6,8mmくらいの分厚いアクリルの板、光を分散するシート3枚と、蛍光管が入っていました。蛍光管は液晶の上側と下側に2本ずつ入っていました。

バラした状態で電源を入れて映像を表示してみました。画像が透けて表示されました。でも結構暗いです。液晶は結構暗いので、バックライトが相当明るくなっているんですね。

液晶の上側にポリイミドのペラペラの基板がついていて、そこに液晶表示のドライバーと思われる細長いICが何個が付いていました。このICと液晶の間には目では見えないくらいの細い配線がいっぱいありました。すごい細かさです。

透明の液晶をぶら下げて、そこに映像が透けて表示される装置を作りたかったのですが、思ったよりも液晶が暗くて、透けてよく見えないので、ペンディングにしました。分解楽しかったです。

スポンサードリンク