この前は雲が流れるアニメーションを表示しました。今日は文字を表示できるようにしました。
フォントデータは
  1. Photoshopで文字を並べた画像を作ってpngで保存
  2. Processingで画像を読み込んで、ドットのデータをcharの配列の文字列に変換
  3. Arduinoでfont.hファイルを作って配列の文字列をコピーペースト
で作りました。
Arduinoで、表示したい文字の配列を設定すれば文字が表示されます。
濁点と丸は文字の上の段に表示しています。これはファミコンのフォントで使われていた方法です。
文字が表示できたときはうれしかったです。

スポンサードリンク