image
かなり前にハードオフでジャンクのファミコンを買って分解しました。

そのファミコンで遊びたくなったので、改造してビデオ出力をつけました。ファミコンからはRF出力しかないので、アナログのテレビでしか遊べません。家にはテレビがないので、ファミコンをビデオ出力できるように改造して、ビデオキャプチャーケーブルを使ってパソコンに表示させることにしました。

ビデオキャプチャーケーブルはAMAZONで一番口コミの多かったIOデータのにしました。





ファミコンは分解するとカセットが刺さるCPUの基板とアンテナの信号に変換するRF変換基板の2つが入っています。

image
この2つの基板をつないでいるケーブルの部分に、ビデオ出力と音声出力があります。

image
左から、GND、5V入力、5V入力、5V入力、音声出力、GND、ビデオ出力になっています。

image
とりあえずジャンパーワイヤーをつないでブレッドボードで実験できるようにしました。


まずはビデオ出力を、1000uFのコンデンサをはさんでそのままビデオキャプチャーにつないでみました。映りはしましたが暗かったです。電流が足りないようです。そこでトランジスタでアンプ回路を作りました。

famiamp
トランジスタは2SC1815です。R3は無いと波形がおかしくなってしまったので、適当に2.2kΩにしました。R1は100Ωだと同期信号がつぶれて無くなってしまいそうだったので、68Ωにしました。R2は75Ωが無かったので68Ωにしました。

image

この回路の出力はこんな感じの波形になりました。

黄色がキャプチャーケーブルにつないだ状態でのビデオアンプの出力、青は音声出力の波形です。

音声は2.5Vのオフセットがあるんですね。


パソコンのキャプチャーソフトで表示させると…

image
映りました!!! 

音声信号は、そのままキャプチャーケーブルにつなぎましたが、音が小さくもなく割れることなく、ちょうどいい音量でした。

なので、トランジスタのビデオアンプ回路とキャプチャーケーブルだけで、パソコンに表示させて遊ぶことができます!!

image
さっそくドラクエ2でお城の外へ出ましたが、スライムが強すぎてすぐに死んでしまいます。


今日の実験のためにハードオフで、ジャンクのドラクエ2とゴルフ、スーパーマリオ3を買ってきました。ドラクエが108円、ゴルフが51円、スーパーマリオ3が432円でした。

image
スーパーマリオ3です。

image
よく耳にする音楽を生で聞けました!!!超うれしいです。


つづき記事




関連リンク


そういえばファミコンミニっていうのもありましたね。これはHDMIか何かなのかな?
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
任天堂
2016-11-10

kazzoクローンをほしい方はこちらで購入できます!
kazzosale