FullSizeRender
ESP-WROOM-02をMacでプログラムできるようにArduinoをセットアップする方法をご紹介します。
MacではなくWindowsへのセットアップの場合はこちらです。
Arduinoのダウンロードとインストール
Arduinoの公式サイトhttps://www.arduino.cc/の「SOFTWARE」→「DOWNLOAD」を選択しダウンロードのページに行きます。
arduinosetup01
右側のMAC OS Xをクリックします。
arduinosetup02
無料でダウンロードするには「JUST DOWNLOAD」をクリック。寄付をしたい場合にはその右のボタンをクリックします。
arduinosetup03
ダウンロードが終わったら、「ダウンロード」の中の「Arduino.app」の上で右クリックして「Finderに表示」をクリックします。
arduinosetup04
「Arduino.app」を「アプリケーション」の中にドラッグアンドドロップします。
arduinosetup05
「アプリケーション」をクリックしてアプリケーションフォルダを開いてください。
arduinosetup06
「Arduino.app」をクリックすればArduinoが起動します。これで、MacにArduinoがインストールできました。このままではArduinoUNOというマイコンボードを開発する設定になっているため、ESP-WROOM-02を開発できるように設定を変更していきます。
ESP-WROOM-02のマイコンボードを追加する
標準ではESP-WROOM-02のマイコンボードが開発できる設定が用意されていないので、ボードの追加を行います。
「Arduino」→「Preferences」をクリックします。
arduinosetup07
「追加のボードマネージャのURL」に
http://arduino.esp8266.com/versions/2.4.1/package_esp8266com_index.json
を追加します。
arduinosetup09
このURLはESP-WROOM-02(esp8266)Arduinoの公式のGitHubのページに書いてあるものです。↓の赤枠の中に書いてあります。これをコピペする方が正しいです。
arduinosetup08
「ツール」→「ボード:...」→「ボードマネージャ」とクリックしていきます。
arduinosetup10
ボードマネージャの「検索をフィルタ...」というところに
esp8266
と入力すると「esp8266 by ESP8266 Community」というのが検索されるので、「インストール」をクリックします。
arduinosetup11
「INSTALLED」になればボードの追加が完了しました。
arduinosetup12
「ツール」→「ボード:...」→下の方の「Generic ESP8266 Module」をクリックします。
arduinosetup13
これで、ESP-WROOM-02のボードを開発できるようになりました。
シリアルポートの設定
Arduinoで作ったプログラムは、シリアル通信でマイコンに転送し、プログラムが書き込まれます。パソコンとマイコンと接続するための、シリアルポートの設定を行います。
ESP-WROOM-02のマイコンボードをMacのUSBに接続します。
FullSizeRender
自動でシリアルポートが追加されます。「ツール」→「シリアルポート」→「/dev/cu.usbserial-XXXXXX」がシリアルポートです。これをクリックします。「XXXXX」はマイコンボードによって変わります。
arduinosetup15
マイコンボードのシリアルポートの名前がわからない場合には、ターミナルで調べられます。
ls /dev | grep usb
と実行すると接続されたUSB機器が表示されます。ここに表示されるcu.usbserial-XXXXXがマイコンボードかもしれません。
arduinosetup16
マイコンボードのUSBを抜いてもう一度「ls /dev | grep usb」をした時に、先ほどあった「cu.usbserial-XXXXX」が消えていれば、「cu.usbserial-XXXXX」がマイコンボードだと判断できます。
設定を変更する
そのままでもプログラムは作れますが、マイコンを最大限高速に便利に使うため、設定を変更します。
「ツール」の中の5カ所を変更します。
arduinosetup14
  • Flash Size :4M(3M SPIFFS)
  • Reset Method:nodemcu
  • Flash Frequency:80MHz
  • CPU Frequency:160MHz
  • Upload Speed:921600

Flash Sizeは、ESP-WROOM-02の販売時期によって4MBだったり2MBだったりします。まずは4Mにして後で確認して変更します。

Reset Methodは、「nodemcu」にすると、プログラムの書き込み時のモード変更やリセットが自動で行われ、とても便利です。

Flash Frequency、CPU Frequency、Upload Speedは速い方がいいでしょう。

サンプルプログラムで動作テスト

Flash Sizeの確認のついでにサンプルプログラムで動作の確認をしてみましょう。

「ファイル」→「スケッチ例」→「ESP8266」→「CheckFlashConfig」とクリックします。このサンプルプログラムは、マイコンに搭載されているフラッシュROMのサイズを、シリアルモニターに表示してくれるというものです。

arduinosetup17

左上の右矢印ボタンを押すとコンパイルとマイコンへのプログラムの書き込みが行われます。

arduinosetup18
......[ 100% ]となれば、マイコンへのプログラムが書き込みが完了です。

シリアルモニターを開いて情報を表示してみます。

「ツール」→「シリアルモニター」とクリックしていきます。

arduinosetup19

シリアルモニターの右下の通信速度を「115200 bps」に変更します。するとマイコンから情報が届いて表示されるようになります。

arduinosetup20
「Flash real size: 4194304」というのがマイコンに搭載されているフラッシュROMのサイズです。もしここが、200000くらいの数字であれば、「ツール」の中の「Flash Size」を 「2M(1M SPIFFS)」に設定し直します。


以上で、MacにESP-WROOM-02(esp8266)のArduino開発環境のセットアップは完了です。


関連記事