FullSizeRender
ファミコン吸い出し機kazzoのクローンキットの作り方です。
このキットはこちらより購入できます。
kazzosale
2018.11.5更新 キットの改良によりスイッチを追加しました

kazzoクローンのキットは電子部品を半田付けして完成させます。半田付けする部品は、背の低いものから付けていくと、スムーズに作っていくことができます。それでは作っていきましょう。
1.抵抗
kazzosol01
kazzosol02
kazzosol03
2.ツェナーェナーダイオード
kazzosol04
青い線が、左側になるように取り付けます。
3.水晶発振子
kazzosol05
極性はありません。
4.セラミックコンデンサ
kazzosol06
極性はありません。
5.IC
全て、右側が凹になるように取り付けます。ICに書かれた文字は逆さまになります。
kazzosol07
kazzosol08
kazzosol09
6.LED
kazzosol10
短い足が四角いパターンの穴、長い足が丸いパターンの穴へ刺します。
kazzosol11
7.セラミックコンデンサ
kazzosol12
取り付けは、5カ所あります。極性はありません。
8.電解コンデンサー
kazzosol13
足が長い方がプラス、短い方がマイナスです。
kazzosol14
ピンの間隔が狭いので、半田付けする際にショートしないように注意してください。
9.スイッチ
kazzosol20.jpg
|(ON)が上向きになるように、取り付けます。|にするとON、○にするとOFFになります。ちなみに、|は2進数の1、○は2進数の0を表していて、1=ON、0=OFFから、|がON、○がOFFとなっています。
kazzosol21
半田付けした足は、なるべく短くなるように、根元からニッパでカットします。カットしないと、電源がショートしてしまう可能性があるので、必ずカットしてください。
10.コネクター
kazzosol15
極性はありません。
11.ゴム足
kazzosol16
ゴム足を4隅に貼り付けます。

テスト
USBをパソコンに接続すると、LEDのどれかが光ります。
FullSizeRender
光れば、これでほとんど正常です。
光らない場合、部品の方向などが間違っている可能性があります。
  • ICの向きが間違っている:5番に戻って確認してください
  • LEDの向きが間違っている:6番に戻って確認してください
  • 電解コンデンサーのショート:8番に戻って基板を確認してください
  • ダイオードの向きが間違っている:2番に戻って確認してください
ドライバーのセットアップ
こちらを参考にセットアップしてください。
パソコンによっては正しく認識できないこともありました。その場合、別のパソコンでも試してみてください。

このkazzoクローンキットはこちら↓から購入できます!
kazzosale

関連記事