IMG_8488
ずっとやってみたかった、完全にネタです。3Dプリンターにペンを取り付けて文字を印刷してみました。やり方を順番に説明します。

イラストレーター

イラストレーターで文字を印刷したい絵や文字を描きます。
IMG_8485
これをSVGファイルに保存します。この時「アウトラインに変換」します。これで輪郭がベクトル化されます。

blender

blenderでSVGファイルをインポートします。
IMG_8484
このままだだと厚みが無いので、押し出し機能で押し出して厚みをつけます。3Dプリンターの積層ピッチが0.2mmなので、2回なぞるように0.3mm押し出しました。
次に3Dプリンターのデータ化する為に、メッシュ化します。サイズを調整もしておきます。
IMG_8486
メッシュ化すると、3DプリンターのデータであるSTLファイルに保存できるようになります。STLファイルで保存します。

Cura

3Dプリンターのスライサーソフトで読み込みます。うちはCuraを使っています。
IMG_8487
フィラメントを使って印刷するわけでないので、フィラメント温度とヒートベッドの温度を室温くらいに設定します。38度に設定しました。
低すぎると、その温度に下がるまで待つようで、全く印刷が始まりませんでした。デフォルトのままだと温度が高く、空焚きになってしまいます。
3Dプリンターのデータに変換して、GコードをSDカードに保存します。

印刷

プレートに紙を貼り付けて、ベッドにペンをテープで固定します。ペンの高さの調整がとても難しいです。
IMG_8489
文字から文字への移動は、ベッドが上昇しないので線がつながってしまいました。ビックリマークの2つ目は、高さが合わなくてかすれてしまいましたが、かなかな綺麗な文字を描いてくれたのではないでしょうか。

そのころエヴァちゃんは

FullSizeRender
庭のベンチの下に自分で掘った穴に入って、涼んでました。