FullSizeRender
お風呂の天井に設置することで、カビに悩まされなくなったのでご紹介します。
これまでは2,3ヶ月すると、壁や天井のあちこちがにカビの黒い点々がでてきて、その都度掃除していました。そんなある時、こんな商品を見つけました。↓は当時購入した物です。
何かの菌でカビ菌の繁殖を抑制するというものです。天井に貼り付けておくだけでよく、6ヶ月カビに悩まらせられないそうな。
試しに購入し、設置したのは4月です。湿度の高い梅雨の時も、窓を閉め切ってムンムンしていた時も乗り越え、カビが登場することはありませんでした。なんて便利なのでしょう。
あれから5ヶ月、9月なってついにカビがうっすらと出始めました。説明書には半年効果があるとありましたが、少し効き目が切れるのが早かったようです。でもこれまで、壁や天井をゴシゴシ掃除しなくても良かったのでとても楽でした。これは、かなりオススメの商品です。

効き目がなくなったので、新しいものに交換です。amazonで買おうと思ったら、最近新しいタイプになったらしく、前買った「バイオ お風呂のカビきれい」から「パワーバイオ お風呂のカビきれい」↓になっていました。
何が違うでしょう?

効果

Amazon の商品説明より

新たに「BS-T2菌」を採用。大手肥料メーカーが開発した「BS-T2菌」を新たに採用してリニューアル。

従来の黒カビに加えて、赤カビ(ピンクぬめり)にも効果を発揮してくれます。

また、消臭効果もプラスされました。


ということで、菌がより良いものに変わったようです。ヌメリにも効果があるそうなので、その辺も実際どうなのかチェックしようと思います。

外観

FullSizeRender
左が従来、右が新商品です。少し小さくなりましたね。菌も減っているのでしょうか。
中身はというと、
FullSizeRender
袋は小さくなっていますが、中の粉の量は変わらなそうです。ケースが少し小さくなっただけのようですね。

設置の準備をしよう

設置の前に、お風呂をカビキラーで掃除します。カビきれいの菌が繁殖する前に、お風呂にカビ菌がいっぱいいたら、いい菌が繁殖しにくいですからね。
カビキラーはこのサイズがおススメです。
1000gというのが、浴室全体をシュッシュするのに丁度いい量なんです。普通のサイズ(400g)の2本だとちょっとだけ足りなくて、まあでもいいかって感じだったのですが、1000gだといい感じに全体にシュッシュできます。
FullSizeRender
部屋中シュッシュし終えたら、30分放置してきれいになるのを待ちます。

時間を置いて、シャワーで薬剤をきれいに流します。これでカビ菌とバイバイして、すみずみまできれいになりました。

設置

それでは天井に「お風呂のカビきれい」を貼ります。
FullSizeRender
一緒に入っている両面テープで、天井に貼り付けます。
FullSizeRender
これだけ。これだけです。
これで、また5ヶ月くらいはカビに悩まされないでしょう。めでたしめでたし。

新しい「パワーバイオ お風呂のカビきれい」の効果はどうでしょうか。しばらく様子見してみます。
この商品は掃除が楽になるので、ほんとうにおすすめです。

関連記事