FullSizeRender
今度はファミコンのIIコンをUSB接続のゲームパッドに改造しました。これで、二人同時にプレーができるようになります。改造の手順は前回と同じですが、スペースが少ない分だけ少し難しいです。
前回の記事
用意するもの
FullSizeRender
  • ファミコンのコントローラー IIコン
  • ATmega32U4 Pro micro Arduino互換ボード
  • USBケーブル
です。ファミコンのコントローラはハードオフのジャンクのファミコンから取り外しました。Pro micro Arduino互換ボードはなるべく小さい物です。(どれも同じサイズなのかな?)
USBケーブルは、microコネクタ側のケースが小さい物が望ましいです(なぜかは後述します)。

コントローラの分解
FullSizeRender
裏蓋のネジを6本外すと基板が見えます。この基板かから出ている配線を、半田ごてを使って取り外します。
FullSizeRender

USBコネクタをスリム化
USBケーブルのmicroコネクタ側のケースをニッパで分解して、コネクタ部分を小さくします。
FullSizeRender
こんな感じにします。

ケースに配置
IIコンはIコンに比べ、コントローラの中のスペースに余裕がないため、この位置にarduino基板を収めようと思います。
FullSizeRender
このため、USBコネクタのケースの部分を分解して小さくする必要がありました。

コンデンサの切断
arduinoの基板はケースに収まったのですが、コントローラ基板についている電解コンデンサが、出っ張って当たってしまうため、蓋が閉まりませんでした。電解コンデンサは、マイクの回路に必要な部品のようです。エミュレータではマイクは使わないので、この電解コンデンサは取ってしまうことにしました。
FullSizeRender

FullSizeRender
一度コントローラ基板を当ててみて、マイコン基板とコントローラ基板が当たっていないか、確認してみましょう。

配線
FullSizeRender
マイコン基板とコントローラ基板の位置関係はこんな感じです。コントローラ基板に対してマイコンが斜めになっています。この位置関係を維持したまま、マイコンとコントローラ基板との配線を行っていきます。
こんな感じに配線しました。
FullSizeRender
今回は、マイコンの各ピンをすべて、コントローラ基板のICに接続しました。
マイコンのピンとICのピンは以下のようにつなぎます。
  • マイコンのVCC -> ICの16番ピン(ICの一番左下)
  • マイコンのGND -> ICの8番ピン(ICの一番右上)
  • マイコンのIO2 -> ICの4番ピン(左上から右へ4番目)
  • マイコンのIO3 -> ICの5番ピン(左上から右へ5番目)
  • マイコンのIO4 -> ICの7番ピン(左上から右へ7番目)
  • マイコンのIO5 -> ICの6番ピン(左上から右へ6番目)
  • マイコンのIO8 -> ICの15番ピン(左下から右へ2番目)
  • マイコンのIO9 -> ICの1番ピン(一番左上)
IMG_3672
これで配線は終了です。

収納
FullSizeRender
基板同士がショートしないように、マイコン基板をポリイミドテープで絶縁します。配線がきれいに折りたたまれるように、ゆっくりコントローラ基板をかぶせます。
FullSizeRender
マイクをマイクの穴に入れます。これで蓋をしてネジを閉めればコントローラーの改造は終了です。
FullSizeRender
前回同様、水色のUSBケーブルがイマイチですね。kazzoキットに使っている余り物のケーブルなので仕方がないです。
これ↓に付属のUSBケーブルです。
kazzosale

スケッチを書き込む
プログラムは前回のIコンと同じです。こちらの記事のスケッチを書き込んでください。

遊ぶ
ファミコンのエミュレータにはOpenEmuを使いました。
スクリーンショット 2018-09-17 18.10.07のコピー
USBをつなぐと、Iコンと同じ名前の「Arduino Leonardo」がゲームパッドとして登場します。同じ名前なので、どちらがIコンで、どちらがIIコンかわかりにくいですが、プレーヤー2に、追加された方のコントローラを割り当てます。私が設定した時は、プレーヤー2にIコンが割り当てられてしまったり、その逆にプレーヤー1にIIコンが割り当てられてしまったりしましたが、あれこれ設定していたら、うまいこと正しく設定できました。
FullSizeRender
同時プレイのゲームで二人で遊べると、楽しさ倍増ですね。
エミュレータで遊ばれている方には、本物コントローラは、とてもオススメです。操作性が格段にいいです。まあ小さい頃に、このコントローラでやり混んだからという可能性がありますが...

つづき

関連記事