FullSizeRender
IKEAで売っている、激安99円のLED電球RYETを改造して、太陽電池のバッテリーで光るペンダントライトを作ったので紹介します。RYETは分解しやすく、シンプルな構成のLED電球です。過去の分解記事はこちらです↓↓。

過去記事
このLED電球は100V用ですが、これをバッテリーで光るように改造したいと思います。うちは、小さな太陽電池で発電した電気を、24Vのバッテリーに蓄電しています。以前から、この電気で光る照明を作ったりしているのですが、

過去記事
今回は素敵なペンダントライトを、このIKEAのLED電球で作ろうと思います。

LED基板の改造
FullSizeRender
LEDの基板には9VのLEDが6個直列につながって付いています。これらのLEDを2個ずつの直列、3つ並列になりように、改造します。
IMG_4037
上の写真のようにパターンに切れ目を入れて、2個直列にします。切れ目をつけるのには、カッターでもいいですが、少し幅を持って溝が掘れるPカッターがオススメです。

そして、配線できるよう+と-の部分のレジストを削ります。レジストを削り取るのも、Pカッターの背の部分で削ると削りやすいですよ。
+は+、-は-同士を配線していきます。アルミ基板で半田ごての熱が逃げやすいので、半田付けの前に銅箔部分にフラックスを多めに垂らしておきます。フラックスの中で半田付けするようにすると、とても付けやすいですよ。
FullSizeRender
これで、LEDが2個直列、3個並列になりました。

定電流基板の改造
LEDは定電流で光らせることにします。そうすることで、バッテリーの電圧が変化しても、一定の明るさで光ってくれます。
こんな感じの安いLEDドライバを買いました。秋月のLEDドライバでもいいでしょう。
届いたLEDドライバは、MC3463AというDCDCコンバータICを使った定電流回路でした。
IMG_4038
矢印の抵抗が電流を決める抵抗です。このままだと300mAくらい流れてしまいました。今回のIKEAのLEDは1個あたり70mAです。3個並列なので200mAくらいに改造します。
0.68Ωで300mAということは、200mAでは、(300mA/200mA=)3/2倍して1Ωにすれば、いいはずです。
FullSizeRender
1Ωの抵抗がなかったので、2.2Ωの抵抗を2個並列にしました。この抵抗で実際に電流を流したところ200mA程度になっていました。

FullSizeRender
LED基板とはピンで接続です。そのためピンヘッダを取り付けます。あとは、ショートしないように、LEDドライバ基板を丸ごと収縮チューブとポリイミドテープで絶縁しておきます。

組み立て
FullSizeRender
LEDドライバとLED基板をつないで、電球のソケットの中に入れます。分解と反対の手順で、LED基板をねじ止めして、カバーを接着剤でくっつければ電球の改造は完了。

IMG_4016
試しに直流電源で光らせてみました。いい感じです。これでバッテリーで光りますね。

設置
FullSizeRender
LED電球に白いケーブルを取り付けて、天井から吊るしてみました。電球のソケットの部分は、太い白い収縮チューブを被せています。
電球が軽くてケーブルがくねくねしてますが、そのうちまっすぐになるでしょう。

FullSizeRender
光らせてみるとこんな感じ。無事バッテリーで光りました。
99円のIKEAのLED電球が、太陽電池で光る素敵なペンダントライトになりました。

関連記事