FullSizeRender
オセロの駒が1つ無くなってしまい、オセロを最後まで遊ぶことができなくなっていました。
そこで、3Dプリンターでオセロの駒を作ってみました。うちにあるAnycubic i3 Megaという3Dプリンタは、印刷の途中でフィラメントを交換することができます。この機能を利用して、半分まで黒で印刷して、半分からは白で印刷すれば、1回の印刷でオセロの駒が作れてしまいます。
3Dデータの制作
FullSizeRender
Blenderという無料の3D CGを作るソフトで、モデリングします。このオセロの駒は直径16mmで厚みが5mmでした。その大きさの円柱を作り、モデルデータをSTLで保存します。

FullSizeRender
スライサーのソフトCuraで、3Dプリンターのデータ(Gコード)に変換します。これをSDカードに保存して、3Dプリンタで印刷します。

印刷
FullSizeRender
まずは、黒のフィラメントで印刷です。進捗50%まで印刷し続けます。または、駒の左側の三角形の印刷が終わるのが、駒の半分の高さです。これが印刷されなくなったら、50%なので一時停止します。
一時停止は画面の「Pause」ボタンをタップします。するとフィラメントを交換するモードに入れます。白いフィラメントに交換して「Continue」をタップします。止めたところから印刷が再開されます。
FullSizeRender
黒に重ねて白のフィラメントで印刷しています。

FullSizeRender
7分くらいで印刷終了。

完成
FullSizeRender
オセロの駒が1つできました。

FullSizeRender
3Dプリンターのおかげで、駒を再生できて、オセロが最後まで遊べる様になりました。

データのダウンロード
欲しい人がいるかはわかりませんが、3Dプリンタのgコードのデータはここからダウンロードできます。SDカードに保存して、Anycubic i3 Megaで印刷してください。
Anycubic I3 Mega フルメタルフレーム3Dプリンター【正規販売代理店】
Anycubic I3 Mega フルメタルフレーム3Dプリンター【正規販売代理店】

関連記事