ブラウン管テレビのビームを自由に動かすことに成功!






ブラウン管のビームを縦と横に向けるためのコイルに、電気を流すことで、ビームの向きを自由に動かすことができました。コイルには±1V,200mA程度で全範囲を移動することができそうでした。

LPC1114にはD/Aが内蔵していないので、2chA/Dコンバータをつないでいます。負の電力も必要だったので、オペアンプで±3.3Vに変換したあと、ボリュームで出力が±1に調整して、大電流オペアンプでコイルに電力を供給するようにしました。


tvhack


マイコンのプログラムで縦と横の信号の大きさやwaitの時間を変えると、線になったり、ギザギザの線になったりして面白いです。




 

2015/8/26追加
プログラムはこちらにあります。


電子工作

関連記事

kohacraftのblog

コメント