スポンサーリンク

mbedのユーザー登録の方法(詳細)

スポンサーリンク


2020.8.6 更新
2020.5.9 更新
2018.5.18 更新
2016.07.28 更新
2016.4.29追加
English virsion is here.

スポンサーリンク

はじめに

mbedのユーザー登録の方法をご紹介します。
マイコンで遊ぶためには、マイコンにプログラムを書き込む必要があります。
流れとしては、

  1. プログラムを書く
  2. コンパイル(マイコンが理解できる命令に変換)する
  3. マイコン(の中にある命令保管場所)に書き込む
  4. リセットボタンを押すとマイコンが動作する

の順番で作業をしていきます。
一般的なマイコンの場合には、1.,2.のために専用のソフトをパソコンにインストールして、1.,2.,3.のための様々な設定をしないといけません。そのためにはパソコン、マイコン、マイコンへの書き込み機に関してある程度知識が必要でした。
これに対して、mbedマイコンはとても簡単に始めることができます。

  1. ホームページ上でプログラムを書きます
  2. コンパイルボタンを押すとファイルがダウンロードできます
  3. マイコンをUSBでパソコンにつなぐと開くUSBドライブにファイルをコピーする
  4. リセットボタンを押すとマイコンが動作し始める

といった流れです。ホームページ上でプログラムを書いて、ダウンロードしたファイルをドライブにコピーするだけでマイコンのプログラムができてしまいます。
パソコンにソフトをインストールすることなく、面倒な設定も不要なので、初心者には超おすすめのマイコンです。
しかも1.,2.は無料で利用できます。

利用するためにはユーザー登録と、プログラムするマイコン(プラットフォーム)の設定が必要なので、それらの方法を紹介します。

スポンサーリンク

ユーザー登録

まずはユーザー登録から。
mbedの公式サイト(https://os.mbed.com/)へ行きます。

次に右上の「  Compiler 」をクリックします。

Loginの右下にある「  Sign up  」をクリックします。

それぞれの項目を埋めていきます。

メールアドレスは確認用のメールが届くので、メールを受信できるアドレスを入力してください。ユーザー名は開発環境に表示されたり、プログラムを公開する場合に使用されるニックネームのようなものです。
全て入力したら左下の「  Signup 」をクリックしてください。

入力された項目が有効だと、 Welcome to mbed! (mbedへようこそ!)と表示されます。
mbedsignup06
ユーザー名は既に登録されているユーザー名は設定できないので、エラーになります。別のユーザー名を指定してください。

しばらくすると、登録したメール宛てに確認のメールが届きます。
mbedsignup05
このメールに記載してあるアドレスをクリックすると、下のような画面になり登録が完了します。

これで、ユーザー登録完了です。

スポンサーリンク

プラットフォームの登録

次に、プログラムするマイコンボード(プラットフォーム)の登録を行います。
mbedといっても様々な種類のマイコンや、同じマイコンでも異なる回路を搭載した基板があります。使いたいマイコンボード(プラットフォーム)を選んで登録する必要があります。

ログイン

まずは先ほど設定したユーザー名(かメールアドレス)とパスワードでログインします。

プラットフォームの追加

右上の「 Compiler」をクリックします。


右上の デバイス未選択」をクリックします。

mbedsignup10

左下の「 Add Board」(プラットフォームの追加)のボタンをクリックします。
mbedsignup11

別のタブが開き、様々なmbedに対応したマイコンボードの写真が表示されます。
検索のところに、①「LPC1114FN28」と入力して②[Search]をクリックして検索してください。

③「mbed LPC1114FN28」が最初に表示されるので、クリックしてください。mbedねこちゃんはLPC1114FN28マイコンにプログラムして遊ぶ物なので、同等のプラットフォームとしてこのプラットフォームを選びます。

下にスクロールし、右側の「  Add to your Mbed Compiler」 (コンパイラーに追加する)をクリックしてください。mbedsignup14
Platform ‘mbed LPC1114FN28’ is now added to your account!」(LPC1114FN28のプラットフォームがあなたのアカウントに追加されました)と表示されます。

デバイスの選択

元のダブに戻って、もう一度「デバイス未選択」をクリックしてください。
mbedsignup10
左下に、先ほど追加した「mbed LPC1114FN28」があるので、それをクリックしてください。
mbedsignup15
そして右上の「Select Platform」(このプラットフォームを選択)をクリックします。
mbedsignup16
右上の未選択が「mbed LPC1114FN28」に変わりました。プログラムするマイコンがLPC1114FN28となり設定は完了です。

mbedsignup17
これでプログラムを書くための準備が全て完了しました。
これらの設定は保存されるので、一度設定してしまえば次からは不要です。

設定お疲れさまでしたm(_ _)m。

 

mbedプログラム講座
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント