スポンサーリンク

液晶モニターを分解しました

スポンサーリンク




液晶モニターを分解して仕組みを知りたくて、ハードオフで500円で買って来ました。



500円ですがパソコンにつないだら、普通に映りました。



早速分解です。中身には電源と蛍光管の高圧回路の基板と、ビデオ信号を変換する基板の基板2枚と、液晶モニターのモジュールでした。




液晶モジュールを分解すると、液晶と、6,8mmくらいの分厚いアクリルの板、光を分散するシート3枚と、蛍光管が入っていました。蛍光管は液晶の上側と下側に2本ずつ入っていました。




バラした状態で電源を入れて映像を表示してみました。画像が透けて表示されました。でも結構暗いです。液晶は実は光を透過しにくいので、バックライトが相当明るくなっているんですね。




液晶の上側にポリイミドのペラペラの基板がついていて、そこに液晶表示のドライバーと思われる細長いICが何個が付いていました。このICと液晶の間には目では見えないくらいの細い配線がいっぱいありました。すごい細かさです。
透明の液晶をぶら下げて、そこに映像が透けて表示される装置を作りたかったのですが、思ったよりも液晶が暗くて、透けてよく見えないので、ペンディングにしました。分解楽しかったです。

関連記事

kohapepeをフォローする
分解
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント

  1. 楽しい内容を読ませて頂きました。ありがとうございます。
    かなり前の記事ですが2点程質問させて下さい。

    一つは液晶の処分についてです。私も同様に液晶テレビを解体した経験があります。その時に液晶パネルの処分に悩み、結果として再生ガラス業者に引き取ってもらいました。kohapepeさんはどのようにしてパネルを処分されましたか?

    2つ目は蛍光管についてです。細い蛍光管(冷陰極管)は取り外そうとすると非常に割れやすいです。どのように外されましたか?

    もしよろしければお答え頂けますと幸いです

    • Beruさん
      読んで頂いてありがとうございます。
      私の地域では、分解しない家電は家電ゴミという分類があり、分解した家電は不燃ゴミに分類されるということでした。なので不燃として出しています。
      蛍光管はとても割れやすいですね。丁寧に気をつけて外すしかありませんでした。
      今後ともよろしくお願いします。