ステップワゴンのメーターの交換修理の方法




以前、ステップワゴンのスピードメーターを修理ました。
でも、この方法では昇圧回路のトランジスターが焼けて壊れてしまいました。



このように、フューズを修理すると一時的には直りますが、他のところに負担がかかり、別の場所が損傷してしまうので、フューズ修理はお勧めしません。
仕方がないので、メーターを交換します。新品でもいいのですが、高いのでヤフオクで中古のメーターを落札しました。「ステップワゴン GR1 スピードメーター」で検索すると出てきます。



で、届いたのがこちら。



スピードメーターの部分だけ欲しいのですが、ヤフオクにあるのは、ほとんどメーター全体です。全体を交換してしまうと、トリップメーターも変わってしまうので、スピードメーターだけを交換します。
メーターを裏返して、灰色の大きなコネクターがある側の、端っこの基板がスピードメーターです。



ここの白いコネクター2か所と、ネジ5個を外します。すると、スピードメーターだけが取り外せます。



上がヤフオクで落札した中古のスピードメーター、下が壊れたメーターです。シルクがちょっと違いますね。
今度は、中古のスピードメーターを外すのと、逆の手順で元のメーターに取り付けます。
メーターを車に戻します。キーを回すと…



スピードメーターが光りました。おかえりなさいスピードメーター!
スピードメーターを交換して4か月経っていますが、今でも問題なく動作しています。ステップワゴンのスピードメーターが壊れた方は、修理しないで交換することをお勧めします。
関連記事
修理

関連記事

kohacraftのblog

コメント

  1. 全く同じ症状で、RG1のスピードメーターが点かなくなったので、こちらとみんからさんのページを参考にしてスピードメーター部分のみ交換しました。メーターが点いた瞬間はホッとしたとともに嬉しい気持ちになりました。とても参考になりました。ありがとうございます。

  2. @agassiさん
    お役に立てて嬉しいです。メーターの表示が消えていると、運転中ソワソワして不安でした。メーターを交換後、キーを回して光って時のホッとした感じ、とてもわかります。参考になってよかったです。ステップワゴンはいい車なので、長く乗りたいですね。