自作kazzoでファミコンカセットからゲームが吸い出せました

IMG_6330

自作のkazzoクローンができたので、ドライバーのセットアップ方法をご紹介しながら、カセットの吸出しをしてみます。

kazzoドライバーのセットアップ
ドライバーはFC Dumper(Kazzo)のページからダウンロードするとインストールが簡単でした。

上記のページからドライバーの「http://gamebank.jp/dumper/dl/kazzo-driver-installer-support-win10.rar」をダウンロードして展開しておきます。

kazzoをUSBに接続するとwindowsがドライバーを探し始めますが、見つからず失敗します。

kazzo1

その後、「kazzo-driver-installer-support-win10」の中の「zadig_2.2.exe」を実行します。

kazzo2
▼ボタンをクリックして「libusb-win32 (v1.2.6.0)」と変更し、「Install Driver」をクリックします。kazzoのドライバーがインストールされます。

kazzo3
これでkazzoが使えるようになりました。

ただ、windows7とwindows10はこの方法でうまく認識したのですが、windows8.1ではデバイスマネージャでは認識しているのですが、吸出しソフトでkazzoを認識できませんでした。

 

カセットの吸出し

吸出しソフトのunagiのダウンロードページから「unagi_client_windows_062.zip」をダウンロードし展開します。

ついでに、吸い出したソフト名がわかるようにデータベースをダウンロードします。

上記のページの「Download the most recently posted XML dated 2017-08-21」をクリックしてファイルをダウンロード展開します。「NesCarts (2017-08-21)」というフォルダに「NesCarts (2017-08-21).xml」というファイルがあるので、「NesCarts (2010-02-08).xml」とリネームします。

「anago」フォルダにリネームした「NesCarts (2010-02-08).xml」のファイルをコピーします。

 

「anago」フォルダの「anago_wx.exe」を実行します。

kazzo4
「script」や「Auto」「x1」などは吸い出すソフトによって変更するようですが、まだよくわかりません。「dump」をクリックすると吸出しが始まります。

IMG_6330
今回作った自作kazzo cloneは丸く配置したLEDの光がクルクル回りながら、データが吸い出されます。

 

kazzo5
吸出しが完了しました。nameのところに「アイスクライマー」と出ていて、正しく吸い出せているのがわかります。

 

エミュレータで動作させてみる

ファミコンのエミュレータはいろいろ種類があります。適当なのをダウンロードして、ROMを読み込ませてみました。FCEUXというのを使ってみました。

kazzo6
動きました!。音楽もちゃんと鳴っています。

kazzo7
ゲームも遊べます。自作のkazzoクローンは無事動作しました。

 

MOTHERも吸い出してみます。

IMG_6332

 

anagoでscriptを「mmc3.ag」にして「dump」。
kazzo9

nameに「MOTHER」とでてますね。正しく吸い出せているようです。

エミュレータでROMを読み込みます。

kazzo10
MOTHERもエミュレータで遊べました。エミュレータだとカクカクのドット絵を堪能できますね。

つづき

 本物ファミコンのコントローラをゲームパッドに簡単改造!

 

 

このkazzoクローンをほしい方はこちらで購入できます!
kazzosale

 

関連記事

 

 

コメント

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status