ファミコンのビデオアンプを改良して高画質化

FullSizeRender

ファミコンのビデオ出力の回路を改良して画質を改善しました。普通は元々ついているトランジスタや2SC1815でビデオアンプの回路を作ります。
2SC1815を使った回路だと、周波数特性がそれほど良くないです。そこで、専用のビデオアンプICのNJM2580を使ってみました。秋月電子で売っています。
IMG_6370
PPUからの映像信号を6.8kΩと10kΩで分圧しまし、アンプに入力します。これでアンプ出力が2Vppになりました。いつくかコンデンサをつないで完成です。
IMG_6367
これがビデオアンプの回路です。

IMG_6368

ファミコンにつないで、テレビに出力してみます。
IMG_6366
ビデオ信号をオシロスコープで確認すると、トランジスタのアンプよりも、波形の立ち上がり、立ち下がりがくっきりしています。

IMG_6369

表示される映像もくっきりしている気がします。
IMG_6371
ファミコン本体に戻して完成です。
kazzoクローンをほしい方はこちらで購入できます!
kazzosale
関連記事

コメント