スポンサーリンク

夏休み自由研究に最適な激安ソーラーカーキット発見!!自由にアレンジして世界に1台だけのソーラーカーに

スポンサーリンク

IMG_1848
Aliexpressで約150円(送料別)と激安のソーラーカーキットが売っているのを発見しました!!

それがこちら👇👇です。

AliExpress.com Product – 1pcs Kids DIY Puzzle Assembling Car Toy Solar Energy Science Experiment Early Education Products Physics Teaching Resources

早速購入して実際に作って遊んでみた動画がこちら。とても楽しい❤️です。

スポンサーリンク

入っている部品

IMG_1801
こちらがキットの内容です。
ベニア板がレーザーカッターでカットしてあります。太陽電池とモーターは半田付けしてあります。ドライバーも入っています。工具とか何も用意しなくても、このセットだけで組み立てられてしまうのでした。

スポンサーリンク

作り方

マニュアルも入っているのですが、わかりやすく作り方をご紹介します。

ギアボックスの組み立て1

使うパーツはこれです。
solar01
板Aの2カ所にネジ黒を刺して、スペーサーで止めます。
solar02.jpg
こんな感じなります。
IMG_1804

モーターの取り付け

使う部品はこちらになります。
solar03
まずは太陽電池についてる保護シートをはがします。
solar04
太陽電池の裏の細い線が切れやすいので、セロハンテープでとめておきます。
solar05

モーターにギア小を差し込みます。机の上にギアを置いて、上からモーターを押し付けて差し込みます。
solar06
付属のドライバーが余裕で入るくらいの隙間があればOKです。
IMG_1808
ギアボックスにモーターをねじ止めします。モーターのケーブルが左上に来る向きに固定します。
solar07.jpg
こんな感じになります。
IMG_1811

ギアの組み立て

使う部品はこちらです。
solar08
短い棒にキャップを差し込みます。
IMG_1816
ギアボックスの穴に差し込みます。
IMG_1817
差し込んだ棒の反対側に、緑のリングを入れて、棒が抜けないように固定します。
solar09
この棒に、ギア大を差し込みます。大きいギアに小さいギアがくっついています。小さいギアが上向きになるように、取り付けます。
solar10
隣の穴に、棒付きのギアを差し込みます。ギアについている突起が、上向きになるように差し込みます。
solar11

ギアボックスの組み立て2

使う部品はこちらです。
solar12
ギアボックスの四角い穴に、板Bを差し込みます。この時、丸みのある角が右側に来るようにします。
solar13
上から板Aを差し込んで、短い棒が飛び出したところに、キャップを差し込みます。
IMG_1827
スペーサーのところ2カ所に、ネジ黒をしめます。
solar14
こんな感じになりした。
IMG_1829

天板の取り付け

使う部品はこちらです。
solar15
板Cの大きい穴に太陽電池を通します。
solar16
板Bの上に板Cを乗せて、ネジとナットで固定してます。
solar17
こんな感じになります。

IMG_1836

タイヤの取り付け

使う部品はこちらです。
solar18
ギアボックスの穴に、長い棒を差し込みます。
solar19
通した棒に、白いリングを両側から差し込んで、棒が抜けなようにします。リングと板の隙間は、付属のドライバが入るくらい開けておきます。きつく差し込むとタイヤが回らなくなってしまいます。
solar20
4カ所にタイヤを差し込みます。
IMG_1842
こんな感じになります。
IMG_1844

太陽電池の貼り付け

両面テープで本体に貼り付けます。
IMG_1845

完成です!!
IMG_1848
簡単でしょう?!続いてこのソーラーカーに飾り付けをしていきます。

スポンサーリンク

デザインを考えて飾りつけよう

本体はできたので、好きなデザインを考えます。

FullSizeRender

一つ目はオープンカー

一つ目はオープンカーになりました

FullSizeRender
スーパーでボディになりそうな、発泡トレイを探します。エリンギの容器が、ぴったりでした。

FullSizeRender
アルミテープや端切れの布を使ってデコレーションしていきます。

FullSizeRender
オープンカーの完成‼️

FullSizeRender

二つ目は馬車

二つ目は馬車になりました
馬はユニコーン。ネットで探したらいいのがあったので、3Dプリンターで印刷です。

FullSizeRender
3DデータはThingiverseのFlying Pegasus Unicornです

馬車の飾りは100円ショップで探します。

FullSizeRender
馬車の車は2リットルのペットボトルの上を切り取って、端切れの布をホットボンドで貼り付けました。

FullSizeRender
100円ショップで買った飾りと、3Dプリンターで印刷したユニコーンを取り付けて完成‼️

FullSizeRender

スポンサーリンク

走らせてみよう!!

冒頭でご覧いただいた動画です。

かなり楽しいです❤️❤️

お昼くらいの太陽光が強い時間帯は、グングンとてもよく走ります。夕方の光だと弱いみたくて走りませんでした。とっても楽しいのでオススメの夏休みの自由研究です。

コメント