3Dプリンタでオセロの駒を作りました

FullSizeRender
オセロの駒が1つ無くなってしまい、オセロを最後まで遊ぶことができなくなっていました。
そこで、3Dプリンターでオセロの駒を作ってみました。うちにあるAnycubic i3 Megaという3Dプリンタは、印刷の途中でフィラメントを交換することができます。この機能を利用して、半分まで黒で印刷して、半分からは白で印刷すれば、1回の印刷でオセロの駒が作れてしまいます。
3Dデータの制作
FullSizeRender
Blenderという無料の3D CGを作るソフトで、モデリングします。このオセロの駒は直径16mmで厚みが5mmでした。その大きさの円柱を作り、モデルデータをSTLで保存します。

FullSizeRender
スライサーのソフトCuraで、3Dプリンターのデータ(Gコード)に変換します。これをSDカードに保存して、3Dプリンタで印刷します。

印刷
FullSizeRender
まずは、黒のフィラメントで印刷です。進捗50%まで印刷し続けます。または、駒の左側の三角形の印刷が終わるのが、駒の半分の高さです。これが印刷されなくなったら、50%なので一時停止します。
一時停止は画面の「Pause」ボタンをタップします。するとフィラメントを交換するモードに入れます。白いフィラメントに交換して「Continue」をタップします。止めたところから印刷が再開されます。
FullSizeRender
黒に重ねて白のフィラメントで印刷しています。

FullSizeRender
7分くらいで印刷終了。

完成
FullSizeRender
オセロの駒が1つできました。

FullSizeRender
3Dプリンターのおかげで、駒を再生できて、オセロが最後まで遊べる様になりました。

データのダウンロード
欲しい人がいるかはわかりませんが、3Dプリンタのgコードのデータはここからダウンロードできます。SDカードに保存して、Anycubic i3 Megaで印刷してください。
Anycubic I3 Mega フルメタルフレーム3Dプリンター【正規販売代理店】
Anycubic I3 Mega フルメタルフレーム3Dプリンター【正規販売代理店】

関連記事

コメント

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status