MacでKiCadのFreeRouterを起動しやすくする方法

スクリーンショット 2019-01-21 19.28.12

KiCadでオートルータを利用するとき、4まではKiCadからオートルーターを起動することができたのですが、5からはソフト上から起動できなくなってしまいました。KiCad5でオートルーターを利用する場合は、GitHubより予めダウンロードして展開しておいた、freeroute.jarをクリックして起動する必要があります。
しばらくKiCadを使っていないと、このfreeroute.jarファイルをどこに保存していたのか忘れてしまって不便でした。そこでこのjarファイルをappに変換し、ランチパッドから起動できるようにしました。
 アプリのダウンロード
使うアプリは2つです。
1.jarファイルをappに変換するソフト

appMaker

2.画像ファイルをアイコンファイルに変換するアプリ

Image2icon

Image2icon
 アイコンファイルを作る
アイコンが不要な方は読み飛ばしても大丈夫です。
Image2iconを起動します。
スクリーンショット 2019-01-21 20.02.29
この中にアイコンにしたい画像をドラッグアンドドロップします。
スクリーンショット 2019-01-21 20.04.12
「書き出す」の「ICNS」をクリックすればicnsの拡張子のアイコンファイルが生成されます。
kibanicon
こちらが作ったアイコンです。アイコンを作るのが面倒な方はこれをダウンロードして使ってください。
 AppMakerでappを作る
AppMakerを起動します。
スクリーンショット 2019-01-21 20.00.48
左のJARのアイコンをクリックして、オートルータのファイルfreeroute.jarを開きます。右側の筆のアイコンをクリックして、先ほど作ったアイコンファイルを開きます。そして「Start」をクリックします。
スクリーンショット 2019-01-21 20.17.04
別名保存に「FreeRouter」と入力して「保存をクリック」。
スクリーンショット 2019-01-21 20.19.18
タイトルを設定します。同じく「FreeRouter」としました。
これで、ランチパッドに「FreeRouter」のアイコンが追加されます。
routericon

これで必要な時に、わかりやすい操作でオートルーターを起動できるようになりました。
 関連記事
電子工作
kohacraftをフォローする

関連記事

kohacraftのblog

コメント

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status