ミルクパック マイコンロボットの作り方1(工作・組み立て編)

牛乳パックで作るマイコンロボットの作り方のご紹介です。工作して動くようになるまでの工作編と、プログラムを変更してオリジナル性を追加するプログラム編の2つ構成となっています。

ミルクパックロボットキットは、こちらで販売しております。夏休み冬休みの自由工作、自由研究に最適です。

用意するもの

  • 牛乳パック
  • カッター
  • 細いプラスのドライバー
  • 目打ち
  • セロハンテープ
  • 単3電池4本

牛乳パックは1リットルの牛乳パックがオススメ。500ミリリットルの牛乳パックでも作れます。
目打ちは穴を開けるのに利用します。100円ショップで売っています。
電池は、マンガン、アルカリ、充電電池何でも大丈夫ですが、パワーがあるアルカリ電池か充電電池がオススメです。

牛乳パックにお絵描き

牛乳パックにお絵描きをします。白い絵の具や水性のペンキで白く塗ってから、絵を描いてもいいですし、折り紙やマスキングテープなどで飾り付けをしてもいいですね。

穴開け

位置合わせシールを切り分ける

キットに付属の位置あわせシールを、4つに切り分けます。このシールは、サーボモータの穴を開けるためと、LEDの穴を開けるために利用します。

位置合わせシールを貼る

LEDのおめめの位置に、丸い模様のシールを貼ります。

牛乳パックの左右の面の、腕を取り付けたいところに、カッターの模様の描いてあるシールを貼ります。

穴開け

おめめのLEDの穴

目打ちを使って丸の中心に穴を開けます。

シールの丸の線が十分に隠れるくらい、大きく開けます。

シールをはがします。

腕のサーボモータの穴

牛乳パックの左右の面に貼ったシールの、線に沿ってカッターで切れ目を入れます。牛乳パックはちょっと硬いので、手を切らないように気をつけてくださいね。

シールを剥がします。

モーターの配線の穴

牛乳パックの底の、顔の面側の角に、目と同じくらいの大きさの穴を2ヶ所開けます。

背中のとびら

牛乳パックの背中側に、扉を開けます。

上記の図の赤い線ように、顔の面にある穴より下側で、牛乳パックの周りから、1cmくらい内側をカッターで切り込みを入れます。

部品の取り付け

おめめのLED

配線の準備

ジャンパーワイヤーを、茶色だいだい黄色の4本組と、灰色の4本組に分けます。さけるチーズをさくみたいにして、分けます。

LEDをつなぐ

ジャンパーワイヤーのソケットに、LEDの足を差し込みます。ここでは、ジャンパーワイヤーの色と、LEDの足の向きが重要です。

写真のようにジャンパーワイヤーを、左から灰色と、黄色だいだい茶色のように並べます。そして、LEDの一番長い足が、左から2番目になる向きにします。

その向きのまま、ソケットにLEDの足を差し込みます。ぎゅっと奥まで差し込んでください。

LEDが抜けないようにセロハンテープで、ソケットとLEDの足に巻きつけて、固定します。

おめめの穴に固定

ジャンパーワイヤの色が左から黄色だいだい茶色の順番になるようにして、写真の向きにLEDを直角に曲げます。

牛乳パックの背中の扉を開けて、右の穴にLEDを差し込みます。抜けないように、セロハンテープで固定します。

同様に、ジャンパーワイヤの色が左から灰色の順番にして、写真のようにLEDを曲げます。

左の穴にLEDを差し込んで、セロハンテープで固定します。

腕を振るサーボモーターの取り付け

横の面の、カッターで切り込みを入れたサーボモーター用の穴を、指で押し広げます。

その穴に、サーボモーターの配線を通します。

サーボモーターの白いギアが上になるように、穴に差し込みます。

牛乳パックの内側で、牛乳パックの紙と、サーボモータとをセロハンテープで固定しいます。

同様に、もう片方のサーボモータも穴に差し込んで、テープで固定します。

モーターの取り付け

タイヤをモーターに差し込む

上記の写真のように、両面テープが表に向いて、ケーブルが内側にくるようにモーターを置きます。その両サイドにタイヤがつながります。

モーターの軸の形と、タイヤの軸の形が合わないと差し込むことができません。軸同士の形が合うようにして、タイヤを差し込みます。

結構固いので力が必要です。

底に貼り付ける

写真の向きにモーターを牛乳の底に貼り付けます。

タイヤが牛乳パックに擦れないように、モーターの角と牛乳パックの角を合わせて、貼り付けてください。

モーターの配線を、底に開けた穴に通します。

補助輪の取り付け

白いタイヤについている両面テープをはがします。

写真のように、顔側の真ん中に貼り付けます。

部品の取り付け完了

これで、部品の取り付けは完了です。写真のように、立つことができるようになりました。

メイン基板との接続

電池を入れる

メイン基板の裏側に電池をセットします。向きに気をつけて入れてくださいね。

サーボモーターをつなぐ

左側のサーボモーターは、左端のコネクタへ。右側のサーボモーターは右端のコネクタに差し込みます。色の順番は、左から、オレンジ茶色の順番です。

LEDの接続

左側のLEDは、左側のコネクタに、右側のLEDは右側のコネクタに接続します。色の順番は、左から、灰色と、黄色オレンジ茶色の順番です。

モーターの接続

左側のモーターは左手前のコネクタに、右側のモーターは右手前のコネクタに差し込みます。

メイン基板を入れる

メイン基板を、牛乳パックの中に押し込みます。

試しに動かしてみよう

マイコンには、すでにロボットを動かすプログラムが書き込まれています。うまく動くかどうか、試しに動かしてみましょう。

リモコンとケーブルをつなぐ

リモコンのコネクタに、ケーブルを接続します。

電源を入れる

リモコンのケーブルのコネクタを、メイン基板の差し込むと自動で電源が入ります。コネクタの横のLEDが白く、基板の奥のLEDが緑色に光ります。

奥の緑色のLEDが光れば、プログラムが正常に動作しています。もし、奥の緑色のLEDが光っていなかったら、コネクタを一旦抜いて、また差し込んでマイコンを再起動してみてください。

動かしてみよう

リモコンのボタンを押すと、ロボットが動き出します。

腕を取り付ける

ここまでくればほぼ完成です。最後に腕を取り付けます。

サーボモーターに台座を取り付ける

サーボモーターと一緒に入っている部品の内、一番小さいネジと、十字形の部品を使います。

サーボモーターの白いギアに、十字形の部品をはめ込みます。

細いプラスのドライバーで、ネジをしめます。これを両方のサーボに取り付けます。

腕を取り付ける

ボール紙や牛乳パックの紙などで自由に腕を作って、先ほどの十字形の部品にセロハンテープで固定します。

完成

おつかれさまでした。これで組み立て完了です。

2台あると、バトルができて楽しいですよ。

つづき プログラムを変更してオリジナルのロボットに変身

 

ミルクパックロボットはこちらで販売しております

 

コメント