燃えプロ シンセサイザーキットの作り方

この記事のキットはこちら↓↓で販売しています。作ってみたい方はクリック!

燃えプロ シンセサイザーキットの作り方

燃えプロシンセサイザーキットの作り方をご説明します。キットの組み立てには半田付けが必要です。半田付けの際に火傷をしないよう、十分注意して作業をしてください。

抵抗

青い矢印のところに抵抗を半田付けしていきます。

 

IC

ICは全て、左に凹マークになる向きに取り付けます。

セラミックコンデンサー

極性はありません。

集合抵抗

●マークが基板の左側になる向きに取り付けます

ヘッドホンジャック

電解コンデンサー

基板の右側が白い帯(マイナス)になる向きに取り付けます。

タクトスイッチ

スライドスイッチ

半田付けした後に、スイッチをOFFにしておきます。

コネクタ

基板の手前側に、切り欠きが向くように取り付けます。

半固定抵抗

LED

丸いパッドの穴に長い足(プラス)、四角いパッドの穴に短い足(マイナス)になる向きに取り付けます。

ボリューム

電池ボックス

基板に「+」と書いてある方に「」の線を、「ー」と書いてある方に「」の線を半田付けします。

スピーカー

コネクタ付きのケーブルに、スピーカーを半田付けします。スピーカーの「+」と書いてある方に「」の線を、「ー」と書いてある方に「」を取り付けます。

基板のコネクタに接続します。

音声合成IC

凹が左向きになるように、ICソケットに差し込みます。

自分で、燃えプロのファミコンカセットからICを取り外す場合は、こちらを参考に取り外してください。

キートップ

タクトスイッチにキートップを差し込みます。配色はお好みで。

これで完成です!!

動作確認

電池ボックスに単三電池(電池はキットに付属していません)をセットして、スイッチをON。LEDが光ります。

左のボリュームが音量、右のボリュームがピッチ(音程)、半固定抵抗はピッチの微調整用です。最初は、全てのボリュームを写真のように、中央にします。

何かキーを押すと、発声します。

音量は左に回すと音が小さく、右に回すと音が大きくなります。

ピッチは左に回すと低く、右に回すと高くなります。調整用の半固定抵抗も同様です。ピッチのボリュームを中央にして、音程がお好みになるよう調整用の半固定抵抗を調節してください。ただし、どちらも右いっぱいにすると、高くなりすぎて音が出なくなってしまいます。

音が出ないとき

基板の表面の確認

  • 電池の向きが正しいか確認してください。
  • 電池ボックスの配線で赤が+に接続されているか確認してください。
  • 全てのボリュームがすべで中央になっているか確認してください。
  • 全てのICの凹マークが左に向いているか確認してください。
  • 全ての集合抵抗の●マークが左側にあることを確認してください。
  • 音声合成ICの足が正しくソケットに刺さっているか確認してください。曲がってしまって刺さっていないこともあります。

基板の裏面の確認

  • となりのピン同士が、半田でつながっていない(ブリッジしていない)か確認してください。
  • 半田不足で接触不良になっていないか、全てのピンの半田を半田ゴテで一旦溶かしてみてください。

キットができるまで

  1. 燃えプロの音声を生で聴く装置を作っています
  2. 16to4エンコーダーで燃えプロ音声シンセサイザーができた
  3. パワーアンプICのNJM2073とHT82V739を比較

 

この作り方の「燃えプロ シンセサイザーキット」はこちらで販売しています。

 

 

コメント