HAKKO 394 コードレス吸着ピンセット 部品が吸い付くようになりました

ピンセットの欠点とHAKKO 394のメリット

 

ピンセットの欠点

私が使っているのは、この逆作用ピンセットです。「逆作用」とは、普通のピンセットと違い、つまむ力を弱めると先端が閉じて部品を保持してくれます。部品の移動中は力を抜いていられるので、普通のピンセットにありがちな、力が入りすぎて部品が弾けてどっかに飛んでいくというとこが、起こりにくくなっています。普通のピンセットより、とても便利です。

逆作用ピンセットは便利なのですが、それでも欠点があります。ピンセットの場合、部品の両端をつまんで部品を保持します。実装したい場所に移動後、ピンセットを開く必要があるため、部品と部品の間にだいたい2mmくらいのスペースが必要になります。そのため、高密度に部品を配置することができません。

また、実装の時に、ピンセットの先に半田ペーストが付いてしまうことがあります。ちょっとでも付着すると、ピンセットを開いてもピンセットに部品がくっつき、離れなくなってしまいます。そうならないため、実装の度に先端をアルコールで拭く必要があります。

HAKKO 394 コードレス吸着ピンセット

HAKKO 394 コードレス吸着ピンセットは、本体に内蔵したポンプを使って、ノズルの先端に部品を吸着させて保持します。部品を決まった位置に持ってきたら、ポンプを止めて部品を離します。

部品の上からノズルに吸着させるので、部品同士が密に配置されていても、実装することができます。また、通常の実装ではハンダペーストがノズルに付くこともないので、ピンセットで実装するときに必要なアルコールで拭き取る作業も不要です。

ノズルは付属の物では太すぎてチップ部品を吸着できないので、より細い0.26mmのA1198を使います。

以前の大量の部品の実装の時には、これらHAKKO 394 コードレス吸着ピンセットのお陰で、とても楽に実装することができました。

便利だけど吸う力が弱かった

便利は便利だったんですが、とても吸い込む力が弱く、なかなか吸着させることができませんでした。

こんな感じです。なかなか部品が吸着されません。これが結構ストレスでした。

原因は単純でした

電圧を上げてみる

電源の電圧を上げたら、ポンプが速く回って吸着力が高まるのではと思い、実験してみました。安定化電源につないで、3V、3.5V、3.7V、4V、4.5Vと上げていきました。

残念ながら電圧を上げても、それほど吸着力は上がりませんでした。4V以上にすると逆に弱くなっている気もします。3Vから3.7Vくらいが吸着力が高かった感じです。でも、劇的に吸着力が上がったという訳ではありませんでした。

詰まっている?

何気なくノズルの先端をのぞいて見ると、白く何かが詰まっているように見えます。ノズルの穴はとても細く、何か差し込んで、詰まりを解消することもできません。

仕方ないので、ダメ元で先端をニッパで切断してみました。

切断面が平らではないので、ヤスリで研磨します。強くこするとカスが穴の中で詰まってしまうので、優しく何度もこすります。

断面は元々、ノズルと直角になっていましたが、その場合、吸着ピンセットをやや不自然な角度にしないと、部品が吸着されませんでした。そこで、吸着ピンセットをペンのように手に持った自然な状態で、ノズルの断面が部品の面と並行になるよう、写真のように角度をつけて削ってみました。

ニッパで先端を切ってしまったので、少し短くなってしまいましたが、いい感じです。穴も詰まっていません。

本当はとてもスムーズに吸着できたのでした

左から、0603(JIS1608)のチップ抵抗(10kΩ)、チップコンデンサ(0.1uF)、0805(JIS2012)チップコンデンサ(4.7uF)です。

詰まりを解消し、断面に角度をつけることで、かなりスムーズに吸着できるようになりました。

結構重そうな、0805(JIS2012)サイズの大容量チップコンデンサも、余裕で吸着できます。

これは素晴らしい。ストレスなく部品をピックすることができるようになりました。前回の実装の時に、ミスしてハンダペーストが中に入って詰まってしまったのだと思います。次回からは注意したいと思います。

HAKKO 394復活です

HAKKO 394 コードレス吸着ピンセットが、ストレスなく使えるようになりました。また詰まってしまったら、先端を切断して使いたいと思います。

部品の実装に超便利な、HAKKO 394 コードレス吸着ピンセットはこちらです。

0603(JIS1608)や0805(JIS2012)、SOD-323のチップダイオード、SOT323などのチップICを吸着するには、このノズルが必要です。

ピンセットに限界を感じている場合、これらのアイテムで限界が突破できます。とても楽になるので、限界を感じている方はぜひ使ってみてください。

2019.9.26 追加

電池の電圧を上げて、より吸着力がアップしました。

追加終わり

電子工作

関連記事

kohacraftのblog

コメント