MAX10 FPGAボード用のADV7123 VGAインタフェースボードが正常に動作しました

ADV7123 VGAインタフェースボード

以前、オリジナルのMAX10 FPGAボードを作りました。

このボード用にADV7123を使った、VGAインタフェースボードを作りました。

今回は、そのボードが正しく動作するかテストしてみます。

Verilog HDLでコーディング

ささっと、RGBの斜めシマシマが表示されるプログラムをQuartus Prime Liteで書いていきます。

コンフィグレーション

USB Blasterを使ってFPGAにプログラムをダウンロードします。

安価な中華USB Blasterは、Windows10では普通にセットアップできないので、こちらの方法でセットアップします。

ブルースクリーンになるのが嫌な方や、安すぎてちょっと不安な方は、こちらのUSB Blasterがおすすめです。

IntelやXilinxのFPGA評価ボードを販売している世界的なメーカー、Terasicが作っている、USB Blaster互換のダウンロードケーブルです。機能は同じですが純正よりもかなり安いです。私も使っています。

VGA入力端子が無い

なんということでしょう。ここまで来て初めて気づきました。モニターにVGA入力がありません。

仕方がないので、VGAからHDMIに変換する安い変換器を買いました。

以前、安い白い箱のを買って失敗しているので、黒い箱のにしてみました。

映った!!

映りました!!

こんな感じに、グラデーションが斜めに移動していきます。

ファミコンのパレット色のカラーバーもプログラムしてみました。

回路が正しく動作していることがわかりました。FPGAの可能性が、さらに広がりました。面白いです。FPGA。

この記事のFPGAボードは↓↓こちら↓↓で販売しています。

電子工作

関連記事

kohacraftのblog

コメント