ロシア製 NIS-1 ニキシー管 が届いたので開封していきます

ニキシー管の時計が作りたくって、数字型のニキシー管と、ドットタイプのニキシー管を海外のから取り寄せています。今回、ドットのニキシー管が届いたので開封したいと思います。

箱の外観がもうかなり古びていて、この箱からしていい感じを醸し出しています。

開封

そのとても古い感じの箱を開けると、説明書が1枚、その下に段ボールの蓋がありました。段ボールの蓋を取ると、格子状の区画にニキシー管が入っています。周辺の区画は崩れてしまっていて、ばらけています。

説明書

古くなった黄色い紙に、ロシア語で何やら書いてあります。定格とかが書いてありそうです。

裏面。最後の行の0.5mAしかわかりません。

貴重なデータシートはスキャンしておいたので、こちら→「INS-1データシート」からダウンロードできます。

説明書をGoogle翻訳

Google翻訳を使って説明書を翻訳してみます。

「喫煙インジケータ」っていきなりすごいタイトルですが、翻訳のおかげで大体わかります。65Vから点灯(放電)して90Vが最大。55V以下にすれば消灯するってことですね。おもて面は、これだけわかれば十分です。

裏面を見てみましょう。

1番目。詳しい説明書はこちら的なことが書いてありそうです。

2番目。長期保管後は、1,2分以内に放電….何かをすることをお勧めしていますが、よくわかりません。

3番目は有益な情報ですね。0.5mA程度流せばいい感じに光ってくれますっていうことですね。

光らせ方としては、65V〜90Vくらいの電圧で、0.5mAくらいに抵抗で電流を制限するということでしょう。

ニキシー管登場

出してみた

1本1本、姿が異なります。

長い年月を経て、はんだメッキされていない銅の部分は完全に腐食しています。メッキされている範囲がそれぞれ違うので、手動で半田メッキしていそうですね。

寸法

20本くらい寸法を測ってみました。ガラス管の直径は全て6.5mmで一定。その下の溶着してある部分の幅は7mmで一定でした。

しかし管の長さはバラバラでした。一番短いのが27mm。一番長いのは29.5mmありました。だいたい28mm前後が多かったです。

これらのニキシー管は、手作りなんでしょうね。1本1本それぞれ個性があっていいですね。早く光らせたいです。

つづく

2019.10.12 追加 数字のニキシー管も届きました!

追加終わり

 

 

電子工作

関連記事

kohacraftのblog

コメント