E17殺菌電球を光らせるのにはコツが必要でした

UV-EPROMを消去したい

UV-EPROMの書き込み実験をしようと思っています。

UV-EPROMはとても古い古い書き換え可能なROMです。データの書き込みは、電気だけで書き込むことができますが、消去には紫外線が必要です。また、紫外線は紫外線でもUV-Cという殺菌に使われる波長が短い235.7nm程度の紫外線を照射する必要があります。最近、紫外線LEDがかなり入手しやすくなっていますが、UV-A(315nm以上)程度の波長なため、UV-EPROMの消去には向いていません。

普通はROMイレーサーを利用する

紫外線でUV-EPROMのデータを消去する装置を「ROMイレーサー」といい、こんな感んじの機械で、

オーブントースターのヒーターの部分が、殺菌用蛍光灯に置き換わったような仕組みになっています。ROMの上から紫外線を照射して、20分から30分くらいチンしたような気がします。

ROMイレーサは高い

ROMイレーサーはなぜか高価です。殺菌用蛍光灯とタイマーが付いているだけだと思うのですが、趣味で扱うには高すぎます。そこで、4Wの蛍光灯が付いたポケット蛍光灯(↓のような物)の

蛍光灯を、下のような4W殺菌用の蛍光灯に

交換して、紫外線照射装置に改造して、ROMを消去するというようなことを昔はやっていました。

電球型の紫外線ランプを発見!!

ROMのイレーサーに必要な、4Wの蛍光灯の安定器と、4Wの殺菌蛍光灯を買って、ROMイレーサーを作ろうかなぁと、Aliexpressを探していたら、なんと、電球型の殺菌灯が売っているではありませんか。

AliExpress.com Product – DC 10-12V E17 UVC Ultraviolet UV Light Tube Bulb 3W Disinfection Lamp Ozone Sterilization Mites Lights Germicidal Lamp Bulb

仕様を見てみると

Description:
Material:Quartz glass  (素材:石英ガラス)
Type:With ozone/Without ozone (タイプ:オゾン発生/オゾン発生抑制)
Voltage:10-12V (電圧:10から12V)
Power:3W (電力:3W)
Length:52mm (長さ:52mm)
Diameter:17mm (直径:17mm)
Pipe voltage:9.5-13V (パイプ電圧(?):9.5から13V)
UV density of 254nm (UV波長:254nm)
30cm,more than 30 Wicm2 (30cm離れたところで30Wicm2(?))
Life time:9000h (寿命9000時間)

10〜12Vの電圧で、3Wの電力を供給すれば、目的の254nmの紫外線が放射されます。10Vで3Wということは、300mA程度ですね。普通、紫外線蛍光灯を光らせるにはインバーターが必要で、高圧の交流で駆動する必要がありますが、これは直流電源だけでUV-Aの紫外線が得られてしまいます。

なんて素敵なんでしょう。

同じのがAmazonでも買えます。

E17殺菌電球

早速買ってみた

Aliexpressで注文して3週間。やっと届きました。蛍光灯のグローランプをちょっと長くした感じの外観です。ソケットはE17なのでグローランプのソケットが使えます。

「No Ozon」と「with Ozon」というタイプがあったので、とりあえず、それぞれ2個ずつ買ってみました。「No Ozon」は、紫外線は波長によっては酸素をオゾン化してしまうそうなので、その波長をカットしてくれているのかな?

実験開始

紫外線は目に悪いので、紫外線を遮蔽するために、ガラスの瓶に入れてみました。そして、10〜12V 300mAを目標に電源の電圧を上げていきます。

10Vにしても、12Vにしても紫外線が光りません。フィラメントがほんのり赤くなっている程度です。徐々に電圧を上げます。

16Vくらいでしょうか。フラッシュのように電球が光りました!。

切れました〜。

16V程度を境に放電が始まって、急激に電流が増加し、過電流に耐えられずフィラメントが破断したようです。

LEDドライバを使ってみる

この電球は、放電を開始するためには16Vくらいの電圧が必要ですが、放電が開始されると、16Vでは過電流となってしまうので、放電が開始されたら、300mAを上限とするように電圧を10Vから12Vに下げる必要があるようです。難しい制御が必要そうですが、そんな難しいことを簡単にやってのける部品があります。

LEDドライバです。

LEDは、流していい最大の電流が決まっているため、最大の明るさで光らせるためには、定電流のドライバが必要になります。1W(300mA)のLEDだとすれば1W(300mA)のLEDドライバを選択します。今回のE17殺菌電球も300mAです。1WのLEDドライバそのものズバリです。

まさに、これ↑のOSMR16-W1231です。OSMR16-W1231というのもありますが、1231は3W(1000mA)と電流が違うので注意してください。OSMR16-W1231です。

このLEDドライバにE17殺菌電球につなぎます。電源を入れると〜!!

いい感じに光りました。電圧は16Vです。電源を入れると、フィラメントが加熱され、放電が開始されます。定電流回路のおかげで、過大な電流が流れず、安定して点灯しています。上記の動画を見ていだだくとわかりますが、昔の蛍光灯が点灯するときみたいな、フィラメントがオレンジ色に光って、そのうちパッと明るくなる、そんな点灯の仕方をしますね。なかなか面白い点灯の瞬間です。

定電流ドライバがあるので、16V以上あれば、どんな電圧でも安定して光らせられます。入手しやすいACアダプタだと、24Vになるのかな?

いいですねぇ。神秘的な光です。強烈な紫外線なので、長いこと見ることはできません。

1WのLEDドライバを使って、E17殺菌電球の点灯に成功しました。この電球を使ってROMイレーサーを作りたいと思います。

Aliexpressで書いたい方はこちら

AliExpress.com Product – DC 10-12V E17 UVC Ultraviolet UV Light Tube Bulb 3W Disinfection Lamp Ozone Sterilization Mites Lights Germicidal Lamp Bulb

Amazonではこちら

1WのLEDドライバもお忘れなく。

つづきはこちら↓↓です。ROMライター基板を作ります。

 

 

 

 

電子工作
kohacraftをフォローする

関連記事

kohacraftのblog

コメント

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus