スポンサーリンク

激細消せるビールペン「フリクションポイントノック04」は細くて色が濃くて小さい字でメモをとる人には最高

スポンサーリンク

スポンサーリンク

消しゴムが不便

普段メモを取るときには無印良品の「裏うつりしにくいルーズリーフ B5・5mm方眼」のノートを使っています。程よい色の方眼なので、図を書いたり、式を書いたりに最適なノートです。

この5mmの方眼の中に、文字や図を書いていくので、筆記用具にはよく削った鉛筆や、シャープペンシルを使っていました。間違えたときには、もちろん消しゴムを使うのですが、消しゴムが見つからないことや、消しゴムの消える部分が大きいので、小さな文字の周辺まで消してしまうことがあります。

そこで、消しゴムを使わなくても、文字が消せる、消せるボールペンが気になり始めました。

スポンサーリンク

消せるボールペンで激細を探せ

消せるボールペンで普通に思いつくのは「フリクションボール」という物だと思います。商品名はわからなくても、普通に売っているのがこの商品になります。この消せるボールペンはうちにもあります。

ただ、メモを取るには、線が太くて、しかも色がちょっと薄い感じで、私の用途にはちょっと不向きです。このペンで、細くて、色が濃いタイプはないかなぁと探してみたら、ありました。

「フリクション ポイントノック 04」というペンです。ペン先が0.4mmの細さです。

ペン先に「シナジーチップ」という、これまでと違う新しい技術を使っているようで、

パイプチップは、摩擦抵抗が少ないため、細書きに適していてなめらかな書き味という長所がありました。
コーンチップは、ペン先が太いため、ボール背面のインキ容積が大きく、インキ供給がスムーズに行える(=書き出しが良い)という長所がありました。
両者の長所をかけ合わせた新方式。激細でありながら、書き出しがよく、なめらかな書き味を実現しました。

激細なのに、濃くしっかり書けるということです。早速買ってみました。

スポンサーリンク

書いてすぐわかった!これはいい!!

左が新しく買った「フリクション ポイントノック 04」。右が普通の「フリクションボールノック 0.5」です。ペン先が違うのがわかりますね。

いつものように、書いてみましょう。

いい!いい!すごくいいです。普段のシャーペンで書いている文字サイズで、綺麗にインクが載ってしっかり書けます。

もちろん、ペンの反対でこすれば、文字を消すことができます。

いいですね。「フリクション ポイントノック 04」。これからは、このペンに決まりです。

あー、うちにある「フリクションボールノック 0.5」の消せるボールペン、全部「フリクション ポイントノック 04」にならないかなぁ…

スポンサーリンク

ボールノック05がポイントノック04になるのか?

もし、「フリクション ポイントノック 04」の芯が「フリクションボールノック 0.5」に使えたら、替え芯を買えば、家にある消えるボールペンは全て「フリクション ポイントノック 04」に生まれ変わります。

「フリクション ポイントノック 04」の芯を「フリクションボールノック 0.5」のケースに入れてみます。

おおおお。使えます。普通に書けます。ちょっとブレる感じがしますが、「フリクション ポイントノック 04」の芯を「フリクションボールノック 0.5」のケースに入れて使うことができます。

スポンサーリンク

替え芯購入

「フリクション ポイントノック 04」の替え芯を購入しました。

することで、全て「フリクション ポイントノック 04」化することができました。

これからは、「フリクション ポイントノック 04」を使っていこうと思います。

2020.4.14追加

スポンサーリンク

3色セットも購入

あまりにも、書き心地や使い心地が良かったので、赤と青も追加で購入してしまいました。

5mm方間のノートに、こんな感じに細かく図形や文字を描くことができます。もちろん消すこともできるので、とても便利です。

黒を購入するのであれば、この3色セットが便利です。

もっと早く買えば良かったです。

追加終わり

kohapepeをフォローする
分解
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント