スポンサーリンク

16MBのフラッシュメモリ容量のあるESP32-WROVER-Bを手に入れたので動作チェックを兼ねて容量チェック

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ESP32シリーズ

ESP32にはフラッシュメモリの容量違いで、4MB、8MB、16MBのモデルが3種類あります。

また、ノーマルタイプのESP-WROOM-32(上記の写真の左)の他に、8MBの擬似SRAMが追加されたESP32-WROVERシリーズ(写真右)があります。ESP32-WROVERシリーズに関してはこちらの記事にまとめてあります。

今回、SRAMサイズが8MBのESP32-WROVER-Bシリーズで、フラッシュメモリサイズ16MBのメモリ盛り盛りの最強容量モデルを手に入れたので、本当にフラッシュサイズが16MBあるのか、動作確認も兼ねてチェックしたいと思います。

スポンサーリンク

組み立て

実験しやすいように、ESP32-WROVER-BをESP32-DevKitC化したいと思います。

フラッシュ容量16MBのESP32-WROVER-Bと一緒に、ESP32が載っていないESP32-DevKitCのベースボードを用意しました。

はんだを除去

ESP32-WROVER-Bを実装するパッドに、既にはんだが載っていたので、はんだ吸い取り線で除去しておきます。はんだを除去したあとは、茶色いフラックスが残っているのでフラックスクリーナーでフラックスも除去して綺麗にします。

角のピンを仮止め

パッドにフラックスを塗って、ESP32-WROVER-Bを載せて位置決めします。そしてずれないように角のピンをはんだ付けします。

はんだ付け

もう一度フラックスを塗って、各ピンをはんだ付けしていきます。ESP32の背面にグランドのパッドがあるのですが、残念ながら手はんだでは接続することができません。

スポンサーリンク

Arduinoで情報を読み出し

PCに接続すると、正常にシリアルポートが認識しました。ここまでは順調です。

次いで、ESP32の情報をシリアルモニタに表示するプログラムを書き込んでみます。

プログラムは以前紹介したものと同じです。

void setup() {
  Serial.begin(115200);
  Serial.printf("Internal Total heap %d, internal Free Heap %d\n", ESP.getHeapSize(), ESP.getFreeHeap());
  Serial.printf("SPIRam Total heap %d, SPIRam Free Heap %d\n", ESP.getPsramSize(), ESP.getFreePsram());
  Serial.printf("Flash Size %d, Flash Speed %d\n", ESP.getFlashChipSize(), ESP.getFlashChipSpeed());
  Serial.printf("ChipRevision %d, Cpu Freq %d, SDK Version %s\n", ESP.getChipRevision(), ESP.getCpuFreqMHz(), ESP.getSdkVersion());
}

void loop() {
}

RAMやフラッシュメモリのサイズなどCPUの情報を、シリアルモニタへ出力してくれます。

実行結果がこちら。

「Flash Size 16777216」と表示されていることから、16MBであることがわかります。

スポンサーリンク

メモリ盛り盛りのESP32を手に入れました

RAM容量8MB(Arduinoで利用できるのは4MB)と、フラッシュ容量16MBの、メモリ盛り盛りのESP32を手に入れることができました。

フラッシュサイズが大きいので、画像ファイルなどサイズの大きなデータを使ったプログラムを作ることができますね。

kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント