スポンサーリンク

3DプリンタでTPUフィラメントを使ってランプシェードを作ってみました

スポンサーリンク

天井に付いているLED電球に、3Dプリンターでランプシェードを作ってみました。

スポンサーリンク

Blenderで設計

3Dモデリングのフリーのツールでる、Blenderで設計します。

電球のソケットに刺さるかどうか、サイズ感をチェックします。

スポンサーリンク

Curaで3Dプリンタのデータに変換

Curaを使って、3Dプリンタのデータに変換します。TPUフィラメントの設定はこんな感じです。

  • 印刷温度:220度
  • ビルドプレート温度:65度
  • 印刷速度:30mm/s
  • 引き戻し:無効
  • 冷却:OFF

TPUフィラメントは、PLINTLINEというメーカーのをAmazonで買って使っています。

3DプリンタにはAnycubic i3 Megaを使っています。Mega-SやMega XではTPUをサポートしているのですが、私のMegaでは非対応です。そのため、フィラメントがうまく供給されるように、印刷温度を少し上げて、速度も落としています。

スポンサーリンク

印刷

順調に印刷しています。約半日かかりました。

電球ソケットにぴったり入りました。TPUは柔軟性があるので、収まりがとてもいいです。

スポンサーリンク

完成

3Dプリンターでランプシェードができました。LED電球なので高熱にならないので、3Dプリンタで作ったランプシェードでも大丈夫。

シンプルなデザインもいいですが、もっと複雑なデザインにも挑戦したいですね。

コメント