スポンサーリンク

ESP32-WROVERとMAX V CPLDが載った電子ペーパー実験基板を作っています

スポンサーリンク

for English ver.

スポンサーリンク

ESP32-WORVERとCPLDで高速描画

以前の実験で、マイコンにESP32-WORVERを使うことで、メモリが増えて、多くの画像データを保持することができ、かつCPLDを使ってSPIの信号から直接電子ペーパーの制御信号を生成する方法にすることで、アニメーションのように高速に描画ができることがわかりました。

実験がうまくいたので、この実験基板を基板化したいと思います。

スポンサーリンク

KiCadで設計

回路図

ESP32周り

ESP32-WROVERのマイコン周りの回路です。ESP32-WROVER-DEVKITの回路を参考にしました。

USBコネクタは、今回初めてUSB-Cにチャレンジしてみました。うまくいけば、これからはUSB-Cで設計するようにしたいと思っています。

CPLD周り

描画の高速化に不可欠な、MAX V CPLD周りの回路です。と言っても、回路はとてもシンプルで、CPLDにJTAGと、電子ペーパーのコネクタがつながっているだけとなっています。

EDPの電源

電子ペーパーの専用電源ICのリファレンスデザインそのままの回路です。この電源ICはI2Cでコントロールします。I2Cの信号を受け付けられるように、WAKEUPの信号をハイにプルアップしています。

アートワーク

電子ペーパーの裏側に、この基板がすっぽり基板が収まるようなサイズにしてみました。

実験ボードなので、後からいろいろ拡張できるように、ESP32やCPLDの空きピンを、ピンヘッダに出力できるようにしてみました。また、SPIやI2Cも同様にピンヘッダへ出力します。

KiCadの使い方は、トランジスタ技術に付いてきた冊子が、マニュアルにように使えてとても便利ですよ。

スポンサーリンク

実装が大変かも

今回の基板には、0.4mmピッチのICが2つも載っていて、0.5mmピッチのコネクタもあります。全てがうまく実装できないと、動作しません。ちょっと難しい実装になりそうです。その他の部品は、0603サイズを使ったので大丈夫でしょう。

他の基板とまとめて、中国の基板製造屋さんに発注したいと思います。

2020.5.31 追加 基板が届いて部品を実装しました。

追加終わり

電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント