スポンサーリンク

Intel MAX V CPLD 5M160nanoでビデオ信号を生成してカラーバーを表示してみました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5M160nano

5M160nanoは、Intel MAX V シリーズ CPLDの5M160を搭載した評価ボードです。ブレッドボードに刺して実験ができる、とても便利なCPLDボードです。

スポンサーリンク

外部に回路を追加

映像信号を生成するために、

  • 14.31818MHzのクロック
  • ラダー抵抗による8bitD/A
  • ビデオアンプ

を、5M160nanoボードに追加しました。

書き込み機にはTerasic社の USB Blaster(1-TB1)を使っています。

中国製の安いUSB Blasterもありますが、

普通にドライバをインストールすとWindowsがクラッシュするので、以下の方法で行う必要があります。

スポンサーリンク

プログラムを作成

カラーバーを生成するプログラムを書きました。CPLDの約60%くらいのサイズを使っています。

スポンサーリンク

モニターに映った!

正確なNTSCではないですが、だいたい映像信号になっています。

ビデオアンプの出力をモニターに接続すると、カラーバーが表示されました!!

1本の線で映像が伝送できるNTSCは面白いですね。

5M160nano CPLDボードはこちら👇👇👇で購入ができます。

kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント