スポンサーリンク

LEDの光で今後の天気を教えてくれる天気予報LEDの基板が届いたので組み立てました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

天気予報LED

これからの天気をLEDで教えてくれる「天気予報LED」を作っています。前回は基板の設計と、PCBWayへの発注を行いました。

今回は、PCBWayから基板とステンシルが届いたので、組み立てを行いたいと思います。

スポンサーリンク

基板の確認

こちらが届いた基板とステンシルです。PCBWayは創立6年目になったのか、シールが付属していました。

ちょっと特殊な基板の外形ですが、綺麗に製造されています。

今回、初めてシルク文字にトゥルータイプフォントをベクター化したフォント文字を使ってみました。左上の説明文や、「天気予報LED」の文字が、そのベクター化したフォント文字です。これらもとてもきれいに印刷されています。

スポンサーリンク

部品の実装

それでは組み立てていきたいと思います。

はんだペーストを印刷

ターゲットの基板の周辺に同じ厚みの不要な基板を配置して、基板を固定します。

ステンシルを載せて、画鋲を挿してステンシルの位置決めをします。

私ははんだペーストに「CHIPQUIK TS391LT50」という常温保存可能な低融点はんだペーストを使っています。常温保存できるので冷蔵庫に入れておいたり、常温に戻したりする必要がなく、使いたい時にすぐに使えるのでとても便利です。

はんだペーストをステンシルの端に盛り、期限の切れた不要なクレジットカードなどで印刷します。

とてもきれいにはんだペーストが印刷できました。

部品の実装

私はピンセットではなく、コードレス吸着ピンセット HAKKO 394を使っています。

吸い付けた部品を基板の上で離すだけなので、ピンセットよりもとても楽に部品の実装をすることができます。

今回は、部品点数がとても少ないのであっという間に実装完了。

リフロー

温風で均一な温度で加熱できるコンベクションオーブンでリフローします。

熱電対温度計で温度をモニターしながら、はんだペーストの温度プロファイルと同じ感じなるように、温度を調整していきます。

きれいにリフローできました。

DIP部品の実装

LEDと明るさセンサをはんだ付けすれば、部品の実装完了です。

スポンサーリンク

組み立て

脚を取り付けると、写真たてのように自立します。

背面にはESP32-Devkit-Cを取り付けます。

天気アイコンを描く

ペンを使って天気のアイコンを描きます。

描いたアイコンを基板に貼り付ければ「天気予報LED」の完成です。

次回はプログラムを書いて動作させたいと思います。

天気予報LEDはこちら👇👇で販売しています❗️

kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント