スポンサーリンク

光る光センサを使った「キャンドルパニック」ゲームをPCBgogoで基板化!!あっという間に届いたので早速組み立て

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PCBgogoで基板化

先日、「光る光センサ」で作ったキャンドルパニックゲームが、ブレッドボードで正常に動作することがわかったので、KiCadで基板を設計して、基板製造メーカーPCBgogoに基板を発注しました。

あっという間に基板が到着

  • 8/31 基板発注
  • 9/1 基板製造開始
  • 9/3 基板発送
  • 9/5 基板受け取り(東京)

基板の発注から受け取りまでたった6日でした。

発注後、PCBgogoより日本語で「3日に発送見込みです。何かあればお問い合わせください。」等のメールが届きました。気軽に日本語での問い合わせができそうで、とても安心感ありますね。

届いた基板はどうでしょうか

プチプチに包まって基板は届きます。

レジストずれ、シルク印刷のズレやカスレなどなく、綺麗に製造されていますね。

通常、製造管理のため、基板のどこかに製造番号が印刷されてしまいます。どこに印刷されてしまうかは製造業者のオペレータ次第です。製造番号は目立つ所に印刷されるのは嫌なのですが、PCBgogoはとてもいい場所に印刷してくれました。SP1のスピーカーの丸の中です。スピーカーをはんだ付けすると、製造番号がちょうど隠れて見えなくなります。こういった気の利いたサービスは素晴らしいですね。PCBgogoなかなかいいプリント基板メーカーですね。

2020.9.21追加
コメントの方によると、注文時の連絡事項等に「基板に注文番号を印刷しないでください。」と買いておくと、製造番号が印刷されないそうです。私も次回は試していたいと思います。
追加終わり
スポンサーリンク

組み立て&PLAY!!

PCBgogoは部品実装もしてくれますが、今回は自分で組み立てます。ダイオードの数が多いですが、30分程度で組み立てできました。

電源スイッチを入れるとゲームスタートです。結構難しいですが、なかなか楽しいゲームになりました。

スポンサーリンク

mbedねこちゃんでプログラムを改良

LPC1114のmbed環境でプログラムを作っているので、mbedねこちゃんを接続してプログラムの改良ができてしまいます。

LPC1114マイコンで遊べる、mbedねこちゃんのセットはこちらで販売しています。
mbedねこちゃん

最終的に完成したプログラムはこちらになります。

スポンサーリンク

「光る光センサ」で楽しいゲームができました

LEDをLED&光センサにする「光る光センサ」を使って、楽しいゲームができました。今回はなかなか楽しい実験でした。

消えていくロウソクに火をつけろ!!「キャンドルパニック」ゲームキットはこちらで販売しています。

「キャンドルパニック」ゲームの実験の生い立ちです👇👇

コメント

  1. 楽しいそう~

    PCBGOGO.JP(日本語版)の注文番号を基板に印刷してほしくない場合は、注文画面の下の方にある「ご要望、連絡事項等」に「基板に注文番号を印刷しないでください。」など、注文番号が不要な旨を入力します。無料です!

    • 玉子様
      ブログを読んで頂き、またコメントありがとうございます😊
      注文番号を印刷しないようにできるんですね。無料でできるなんて、他の基板製造会社にはない画期的なサービスだと思います。
      次回はこのサービスを利用してみたいと思います。
      いい情報をありがとうございます!!