スポンサーリンク

以前作ったD級アンプの回路図を写真から起こしてサーキットビューアで動作を確認してみた

スポンサーリンク

以前、オペアンプを使ってPWM波形を作り、MOS FETでスピーカーを駆動するD級アンプを作りました。

スポンサーリンク

D級アンプの回路図

当時の写真から回路図を起こしてみました。

オペアンプはLM358などの一般的な速度の物ですと、発振周波数が低く動作しません。NJM4580などの高速なオペアンプが必要です。電源は4.5Vから6V程度でしょうか。

回路が正しく動作せず、FETが常時ONになってしまった場合、スピーカーが焼けてしまいます。スピーカを保護するために、最初はスピーカーと直列に抵抗を入れて、D級アンプが正常に動作するか確認した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの回路シミュレータ

今回は、実機ではなく、回路シミュレータで動作を確認しました。

回路シミュレータにはマイクロネットのサーキットビューアを利用しています。

回路シミュレーションではLTSpiceが有名ですが、パラメータを変更する度に、時間のかかるシミュレーションを実行しないと、波形を観ることができません。しかし、サーキットビューアの場合は、常時シミュレーション波形が更新されていて、パラメータの変更がシミュレーション波形にリアルタイムに反映されます。

サーキットビューアはパラメータを変更しながら、試行錯誤するのにとても向いています。

直感的で便利なので、かれこれ20年ほど使っています。おすすめの回路シミュレータです。

kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント