スポンサーリンク
Translate

BOSE QuietComfort25 QC25 のイヤーパッドは純正品と中華製で性能に違いがあるのか

スポンサーリンク

Bose QuietComfort QC25は、有線式のノイズキャンセリングヘッドホンです。

先日、Bose QC25のイヤーパッドが劣化したので、新品と交換しました。

その時、ノイズキャンセリング性能を気にして、あえて高価な純正品を購入し交換してみました。

以前のイヤーパッドには、中華製の安価なタイプを使用していましたが、さて、純正品と中華製では性能に違いがあるのでしょうか。実験してみることにしました。

スポンサーリンク

ホワイトノイズで調査

実験系

WaveGeneでホワイトノイズを生成して、スピーカーから出力します。

耳にマイクを貼り付けて、音を録音します。

これで、ヘッドフォンなし、ヘッドフォン+ノイズキャンセリングOFF、ヘッドフォン+ノイズキャンセリングONを録音して、どれだけ音がカットできているか比較してみます。

ヘッドホンなしの場合のスペクトル

再生している音はホワイトノイズですが、スピーカーやマイクなどの特性から、こんな感じの凹凸のあるスペクトルになりました。大体-60dBといったところです。

ヘッドフォン+ノイズキャンセリングOFF

シアン純正・ピンク中華製のイヤーパッドの場合のスペクトルとなっています。100Hzから1kHzくらいは中華の方が若干(6〜10dB程度)遮音性が高く、2kHzから8kHz程度は純正品の方が遮音性が高くなっています。

ヘッドフォン+ノイズキャンセリングON

ノイズキャンセルをONしました。先ほどと同じシアン純正・ピンク中華製のイヤーパッドのスペクトルとなっています。

ほぼ互角ですが、2kHzから8kHz程度は純正品の方が遮音性が高くなっています。これはノイズキャンセリング機能による物では無く、元々のイヤーパッドの性能がそのまま現れている感じですね。

スポンサーリンク

減衰量にして比較

ヘッドフォンをしない状態で、耳の位置で測定したホワイトノイズのスペクトルを基準に、ノイズキャンセリングOFF、ONでの減衰量をみてみたいと思います。

ヘッドフォン+ノイズキャンセリングOFF

が純正品で、が中華製のイヤーパッドでのスペクトルです。

ヘッドフォンをすると、80Hz程度までの低音が10〜20dB程度上がってしまっています。原因はわかりませんが、3回実験しましたが、3回ともここが上がってしまいます。イヤーパッドやカップの構造が原因かもしれません。

100Hzから1kHz程度までは、純正の方が減衰量が少ないようです。逆に2kHzから8kHz程度は純正品の方が減衰量が大きくなっています。人の声などの騒音に関しては、純正品の方が遮音性が高いことがわかります。

ヘッドフォン+ノイズキャンセリングON

先ほどと同じく、が純正品で、が中華製のイヤーパッドでのスペクトルです。

ノイズキャンセリングをONすると50Hzから1kHzくらいがグッと下がりがりました。この帯域では、純正品も中華製も違いはほとんどありません。

2kHz以上は、ノイズキャンセリングをONしてもOFFの時のスペクトルとあまり変化がないようです。イヤーパッドの性能がそのまま現れている感じで、純正品の方が減衰量が大きくなっています。

スポンサーリンク

結果

QC25 純正品イヤーパッドの箱

 

〜2kHzまでは、ノイズキャンセリング機能により純正品も中華製もほとんど性能が変わらない
2kHz以上はノイズキャンセリング機能による減衰効果よりも、イヤーパッドによる遮音効果の方が影響が大きく、純正品の方が遮音性が高い
ただし、純正品は中華製に比べ、遮音性は10dB程度高いが、値段は10dB以上高い

純正品はこちら。「Bose QuietComfort 25 headphones ear cushion kit」という物です。

中華製はこちら

もっと安く色も豊富なAliexpressはこちら

AliExpress.com Product - 1Pair Replacement Ear Pad Cushion for Bose QuietComfort QC 2 15 25 35 QC2 QC15 QC25 QC35 SoundLink AE II AE2 Headphones