スポンサーリンク

CO2レーザーカッターEtcherLaserProの排気が目にしみるので排気ダクトを取り付けました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

EtcherLaserProの排気が目にしみる

MDFボードをカットしていると、焚き火の近くにいるような臭いがして、排気が目にしみます。集塵機能があるので、EtcherLaserProから煙が直接出ているわけではないのですが、部屋中に焚き火の臭いが充満してしまいます。

そこでEtcherLaserProに、排気ダクトを取り付けることにしました。取り付けの手順をご紹介します。

スポンサーリンク

用意する物

用意するのは、元々付属している

  • ダクト取り付け板
  • ダクト取り付けクランプ
  • アルミフレキシブルダクト(長さが足りる場合)

私は、ダクトが3m必要だったので、

・アルミフレキシブルダクト 直径75mm(80mm) 長さ3m

と、先端に取り付けるキャップ

・エアコンスリーブキャップ 直径75mm

を追加で購入しました。この2つはホームセンターに行くと1000円程度で揃えられます。私はカインズホームで購入しました。

スポンサーリンク

取り付け

板にダクトを取り付け

EtcherLaserPro付属のダクト取り付け用の板に、アルミフレキシブルダクトを差し込み、クランプでダクトを締めつけて固定します。ダクトが結構つぶれるので、かなりきつくネジを締めないと、板からダクトが抜けてしまいます。ぐいぐい締めます。

ダクトの反対側には、同様にキャップを取り付けます。

背面パネルの取り外し

背面のパネルを取り外します。作業環境が狭いので、小さいドライバーで外そうとしましたが、ネジがきつく締められているので、これでは外せませんでした。EtcherLaserProに付属のドライバーで、ゆっくり丁寧に緩めると、なんとか外れました。丁寧に回さないとネジの頭が潰れてしまいそうです。

無事、ネジの頭を潰さずに、板を外すことができました。

ダクトのついた板の取り付け

ダクトを取り付けた板を、先ほど外したところへ取り付けます。ただ、ねじ穴の位置精度が悪いため、中央下にあるネジは絞めることができませんでした。5カ所はちょっと固いですが、絞めることができました。この場合も、丁寧にドライバーを回さないとネジの頭が潰れてしまうので注意です。

EtcherLaserProに排気ダクトが取り付けられました。こんな感じにダクトを取り回しました。

スポンサーリンク

ダクト取り付け完了

ダクトの先端にキャップがついているので、窓枠と窓とでキャップを挟み込むことで、ダクトの先端を窓の外に向かって固定することができます。

ダクトは普段は使わないので、こんな感じに折りたたんで、EtcherLaserProの横に収納することにしました。

排気が屋外へ出せるようになったので、今後MDFをカットしても、焚き火の臭いが部屋に充満することはないでしょう。アクリルやゴム系もカット時にも臭いが発生するようなので、外へ排気できるようになったので、よかったです。

2021.1.1追加 つづきはこちら

追加終わり

kohapepeをフォローする
レーザーカッター
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント