スポンサーリンク

CO2レーザーカッターEtcherLaserProで刻印&カットして木製キーホルダーを作ってみた

スポンサーリンク

MDFとシナベニアをEtcherLaserProで刻印&カットして、キーホルダーを作ってみました。

スポンサーリンク

加工データの用意

まずは、愛犬エヴァちゃんの写真をフォトショップで白黒に変換しPNGファイルにします。その白黒画像を、イラストレータに読み込ませ、ベクタートレース機能でベクターデータに変換しました。これを刻印用のデータとします。

また、エヴァちゃんの輪郭を手動でトレースして、カット用のデータを作ります。

刻印とカット、それぞれ別のレイヤーにしてSGVファイルに出力し、SmartDIYsCreaterでそのSVGファイルを読み込みます。

刻印とカットを別レイヤーにすることで、SmartDIYsCreaterに読み込んだときに、別々のアイテムとして認識されます。

これで刻印とカットそれぞれで、違うパラメータを設定することができます。

スポンサーリンク

MDFで作る

4mm厚のMDFで作ってみます。EtcherLaserProのカメラ機能は本当に便利です。カットする素材を内蔵のカメラで撮影し、素材のどこをカットするのか指定することができます。

上の画像のように、あちこち切り出したほぼ廃材の状態でも、カットしたいアイテムの場所を正確に指定することができます。カメラ機能によって、ほぼ廃材でも有効利用することができます。

刻印とカットのパラーメータは以前調べた

刻印
・パワー:25%
・スピード:5000mm/min
カット
・パワー:100%
・スピード:600mm/min

としました。

EtcherLaserProのドアを閉めて、カットをスタートします。

廃材の空いたスペースに刻印されていきいます。

指定したとおりの場所に、きちんと加工がされました。

ふんわりと焦げた感じが、いい感じです。

スポンサーリンク

シナベニアで作る

シナベニアも既にカットされた材料を利用します。材料のスペースを有効利用できそうな場所に、アイテムを置きました。

パラメータは以前調べた

刻印
・パワー:30%
・スピード:5000mm/min
カット
・パワー:100%
・スピード:1000mm/min

としました。

あっという間に加工されていきます。

シナベニアも木の木目があって、いい感じです。

スポンサーリンク

キーホルダーの完成!!

EtcherLaserProを使って、MDFとシナベニアでできた愛犬エヴァちゃんのキーホルダーが完成しました。