スポンサーリンク

3DプリンターANYCUBIC I3 MEGAが起動しなくなった場合の対処法

スポンサーリンク

2018年に購入した、安くて性能の良い3DプリンターANYCUBIC I3 MEGAですが、最近スイッチをONしても電源が入らず、起動しなくなってしまいました。

この起動しない問題に、対処する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

対処法1 温める

どうも寒いと起動できないようなので、ヒートガンやドライヤーでANYCUBIC I3 MEGAを温めます。

特にヒートベッドと、左横の電源ユニットを集中的に温めます。

ヒートガンを使う場合には、熱風が高熱すぎるので、プラスチックなどの樹脂が溶けないよう、注意してください。

5分程度、あちこちを温めると、

無事起動しました。

でも、毎回この作業をするのは面倒です。

スポンサーリンク

対処法2 電源ユニットの交換

問題の根本は電源の劣化だと思われます。そこで、電源ユニットを交換します。ANYCUBIC I3 MEGA用の電源ユニットはAmazonで購入できます。

交換作業には、2.5mmの六角レンチと、プラスのドライバーが必要です。

交換前に、電源電圧のスイッチを100V用に変更しておきましょう。

交換方法

底にある棒についている2カ所のネジを、六角レンチで外します。

底板の、上下左右と四隅にあるネジ8カ所を外します。

底板を外すと、左側に電源ユニットが見えます。

電源ユニットに接続されている配線を取り外します。

次に電源ユニットを取り外します。

上面のこの4カ所のネジを外します。この4つのネジは、これまで外したネジよりも長いので、元に戻すときに長さを間違えないように、気をつけてください。

電源ユニットが外れました。

新しい電源を取り付ける

先ほどと逆の手順で、電源ユニットを取り付けていきます。

電源ユニットに配線を写真のように接続します。色を間違えないように気をつけてください。ネジは緩まないようしっかりと締めます。

底板を取り付けて、横棒も取り付ければ、ユニット交換の完了です。

電源を入れる

電源スイッチをONすると、ANYCUBIC I3 MEGAが一発で起動するようになりました。ユニット交換が一番おすすめです。

スポンサーリンク

新旧電源ユニットの違い

せっかくですので、ANYCUBIC I3 MEGAの新旧の電源ユニットでの違いを見てみます。

古い電源ユニット

こちらが、ANYCUBIC I3 MEGAに元々内蔵されていた電源ユニットです。

型番はS-300-12。出力は12V、25A。300Wの電源ユニットです。2018年製です。

中の基板はこうなっています。

フューズが2段になっています。出荷前にヒューズが切れて、追加したのでしょうか。

電源ICはTIのTL494CNを使っています。

新しい電源ユニット

こちらが新しく購入した電源ユニットです。

型番はAD-S120250AAです。電源ではなくLEDドライバーと書いてあります。出力は古いものと同じく、12V、25Aです。

中の基板はこうなっています。古い物と、構成している部品はそれほど変化はありません。電源IC周りのコンデンサが、フィルムコンデンサに変更されています。ちょっと良くなっているのかな。

電源ICは謎の7500BDです。フェアチャイルドのKA7500Bのコピー品のようです。

スポンサーリンク

電源交換で復活しました

電源が入らなかったANYCUBIC I3 MEGAですが、電源ユニットを交換することで、無事普通に電源が入り、起動するようになりました。

それほど費用をかけずに修理できるので、おすすめです。

kohapepeをフォローする
3Dプリンター
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント