スポンサーリンク

CO2レーザーカッターEtcherLaserProとMDFでハンコを作ってみた

スポンサーリンク

レーザーカッターでスタンプ作ってみた

CO2レーザーカッターEtcherLaserProでハンコを作ってみました。レーザーカッターでハンコを作る際にはシリコンゴムなどを利用するのですが、

今回はMDFに刻印をしてハンコを作ってみたいと思います。

スポンサーリンク

データの作成

イラストレータで文字を配置して、四角と文字との引き算(ブーリアン演算)をして白黒を反転します。左右反転して文字盤にします。別レイヤーで輪郭の四角を描いてカットのラインとします。

スポンサーリンク

準備

SmartDIYsCreatorにSVGファイルを読みこみます。

刻印&カットする部材には厚み4mmのMDFを使用します。EtcherLaserProのカメラ機能で部材を撮影。ほぼ廃材ですが、ちょっとした空きスペースがあったので、そこにハンコのアイテムを配置しました。このカメラ機能は本当に便利ですね。部材を無駄なく利用できます。

パラメータの設定です。ハンコの刻印(掘り込むところ)を

・スピード:5000mm/min
・パワー:100%
・ハッチング:0.1mm

に設定し、カットは

スピード:500mm/min
パワー:100%

としてみました。

スポンサーリンク

刻印&カットスタート

スタンプをレーザーカッターで刻印中

空きスペースにハンコが掘られていきます。

スタンプがレーザカットされた

3分ほどでハンコの刻印&カットが完了。

スタンプ

2mm程度掘れて、文字がくっきりを飛び出しています。表面にヤニがくっついています。

スタンプをエタノールで拭く

アルコールで表面を拭いて、ヤニを落としてみました。

スタンプのマクロ撮影

結構いい感じではないでしょうか。

スポンサーリンク

ハンコを押してみる

インクをハンコの表面にペタペタ付けていきます。

ハンコの素材がMDFと硬いので、インクの転写がしやすいように、紙の背面にシリコンシートを敷きました。

かすれた感じに転写されましたが、それはそれでいい感じを醸し出しています。

スポンサーリンク

レーザーカッターでハンコができました!

レーザーカッターでスタンプ作ってみた

素材がシリコンゴムシートではなく、MDFですが、レーザーカッターEtcherLaserProでハンコができました。今度はシリコンゴムシートでも試してみたいと思います。

シリコンではなく天然ゴムシートでも作れるようなのですが、加工時のにおいが強いようなので、私はやめておきます。

kohapepeをフォローする
レーザーカッター
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント