スポンサーリンク

ロジクール MX Master 3ワイヤレスマウスの静音化改造をしてみた

スポンサーリンク

ロジクール MX Master 3 外観

ロジクール アドバンスド ワイヤレスマウス MX Master 3のクリック音の静音化改造をしてみたので、その方法と手順をご紹介します。

スポンサーリンク

用意する物

必要な物

・ドライバー

分解のため精密ドライバーのプラスと、トルクスドライバーが必要になります。

・静音スイッチ(Kailh ミュートマイクロスイッチ)

左と右ボタンがあるので2個必要です。

・はんだごて

熱が逃げやすいので温度自動調節機能のあるはんだごてだと、作業がしやすいです。

・はんだ吸い取り線

スイッチを取り外すときに使います。

あった方がいい物

・静電防止手袋

作業中に静電気で回路を壊さないように、静電気防止手袋をすることをお勧めします。

・スパッジャー

カバーを開けるのにあると便利です。

・リワークステーション

スイッチを取り外すの際に、これがあると全ての端子をほぼ同時に温められるので、取り外すのが簡単になります。

スポンサーリンク

分解開始

カバーを取り外す

シートの下にネジが隠れているので、背面の左右と下にある黒いシリコンシートを剥がします。シートは再び貼って使います。

シートの下にあるネジ5本と、上部のトルクスネジを取り外します。

左側のゴムとプラスチックの隙間にスパッジャーや爪を入れて、反時計回りにぐるりと隙間を広げていきます。

はじめにスパッジャーを入れる隙間がこちら

最後に先端の爪を外します。これで、カバーが外れます。しかし、床面とカバーとがケーブルで繋がっているので、無理に大きく開けないでください。

カバーが外れると、こうなります。

スイッチのついた基板を取り出す

電気が流れて壊れてしまわないように、バッテリーにつながったコネクターを外します。

また、カバーにつながっているフィルムケーブルを取り外します。コネクタの黒い部分を上に持ち上げてロックを外してから、フィルムケーブルを引き抜きます。

バッテリーを取り外します。

ホイールを取り外します。その前に、ホイールにつながったコネクタを取り外します。

またホイールにつながったフィルムケーブルを外します。外し方は、コネクタの白い部分を引き上げてから、フィルムケーブルを引き抜きます。

ホイールが外れました。基板を固定しているネジを5カ所外します。

これで、スイッチのついている基板が取り外せました。

スポンサーリンク

スイッチの交換

基板についているスイッチを取り外します。はんだ吸い取り線ではんだを取り除き、スイッチを取り外します。

私は、リワークステーション

で、スイッチの3つの端子のはんだをまとめて加熱し、スイッチを取り外しました。リワークステーションを使った方が、基板も痛めにくく簡単に作業ができると思います。

静音スイッチ(Kailh ミュートマイクロスイッチ)をはんだ付けします。基板の先端側の穴にスイッチを取り付けます。

スポンサーリンク

元に戻して改造完了

先ほどと逆の手順で元に戻します。

最後に黒いシリコンシートを貼り付けて改造完了です。

カチッカチッという音が、コクッコクッて音に静音化できました。

ロジクール アドバンスド ワイヤレスマウス MX Master 3のクリック音の静音化改造の方法でした。

kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント