スポンサーリンク

ヘアアイロンが人肌にしか熱くならなくなってしまったので修理しました

スポンサーリンク

ヘアアイロン

娘たちが使っているパナソニックのヘアアイロンが、人肌程度にしか温まらなくなったので、修理をしてみました。

使っているのは、EH-HV16という機種です。買い直しても3000円くらいの安いヘアアイロンなのですが、構造がどうなっているのか知りたいというのもあって、修理してみることにしました。

スポンサーリンク

分解

ヒンジのキャップを外し、ネジを緩めるとヒンジの部分が外れます。

何か回路が入っているのかなと思って、カバーを外してみると、スイッチを発熱体しか入っていませんでした。なんてシンプルなんでしょう。

反対側も外してみたら、ヒューズと発熱体しか入っていません。

これでは人肌程度にしか加熱しないというような、壊れる要素がありません。

スポンサーリンク

原因は断線

構造的に不良になる部分がなく、ケーブルを疑っていたところ、この根元の部分を曲げ伸ばしすると、導通したり断線したりすることがわかりました。しかも、2本どちらとも中途半端に断線しているようです。接触が悪くなり、電流が中途半端にしか流れず、ヒーターが熱くならなかったようです。これは危険です。

スポンサーリンク

修理

接続

断線部分が分かったので、そこをバイパスします。2本の線を写真のように、少し長さが異なるようにカットして被覆を剥きます。

これで、線と線をはんだ付けし、収縮チューブで絶縁します。

2つの線の長さが違うので、もし被覆が破けてもショートする可能性が格段に減ります。

さらに全体を収縮チューブで覆いました。

ギブス

これで、発熱体はアツアツに加熱されるようになり、故障は直りました。

しかし、ケーブルの根本の部分が収縮チューブだけでは、強度的にちょっと心許ありません。そこでその部分が曲がらないように、割り箸を添えてビニルテープでグルグル巻きにし、ギブス状にしてみました。

これで、断線したところは完璧にガードできます。

スポンサーリンク

修理完了

ヘアアイロン

これで、いつものように使うことができるようになりました。ヘアアイロンって、とてもシンプルな仕組みだったんですね。海外電圧対応なので何か回路が入っているのかと思ったのですが、スイッチと発熱体だけでした。

修理が不安だという方は、安いので再購入てもいいかもしれませんね。

kohapepeをフォローする
修理電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント