スポンサーリンク

CO2レーザーカッターEtcherLaserProでコピー用紙をカットしてみた

スポンサーリンク

EtcherLaserProは30WのCO2レーザーを搭載したレーザーカッターです。これまで、MDFやベニア、アクリルなどを切ってきましたが、今回はコピー用紙をカットしてみたいと思います。

スポンサーリンク

10%以下はレーザーが出ない?

どの程度のパワーでいいのか見当がつかなかったので、1%,5%とパワーを絞ってカットしてみましたが、紙が全く焦げません。もしかしたらレーザーが出ていないのかもしれません。

パワーを10%、スピードを5000mm/minでカットしたところ、切れはしたのですが、上の写真の左上のハートのように、尖った部分が切れず、中途半端な切れ具合でした。

スピードを2000mm/minにしたところ、右のハートのように綺麗に切れました。

手では切れない綺麗なシェイプにカットできました。

スポンサーリンク

位置決め精度はどうか

試しに、本ブログのタイトルを切り抜いてみたいと思います。タイトルの部分はレーザープリンターで印刷して、文字の周辺のモコモコしたところをレーザーカッターでカットします。

位置決めがしやすいように、文字の四隅に十字型のトンボを入れてあります。

カメラモードで、印刷したコピー用紙を撮影して、トンボが合うようにアイテムの位置を調整します。

文字の周辺のモコモコを部分をレーザーでカットしていきます。

あっという間に切れました。

印刷したトンボと、レーザーカッターのトンボのズレは大きくて0.8mm程度でした。

絶対、手では切れないだろうという綺麗な輪郭です。このように細かなデザインが切れるのは、レーザーカッターならではでしょう。

しかしながら、輪郭中の尖った部分の一部は完全に切れておらず、0.数mmつながった状態でした。完全に切り離されず、風で飛ばないというメリットではあります。

スポンサーリンク

コピー用紙のカットパラメータ

以上のように、EtcherLaserProでのコピー用紙のカットパラーメータは

パワー:10%
スピード:2000mm/min

となりました。

レーザーカッターで紙を自由自在にカットできるとなると、これまた工作の世界がグッと広がりますね。ただ、レーザーカッターで紙を切ると、引火しやすいので、CO2消火器がそばにあると安心ですよ。

kohapepeをフォローする
レーザーカッター
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント