スポンサーリンク

任天堂スイッチ用のちょい上げミニテーブルをレーザーカッターEtcherLaserProで作ってみた

スポンサーリンク

任天堂スイッチ台

任天堂スイッチをテーブルに置くと、画面の高さがちょっと低いので、ちょい上げるミニテーブルをレーザーカッターで作ってみました。

スポンサーリンク

天板の作成

データはイラストレーターで作ります。素材には4mm厚のMDFを使うことにしました。まずは天板から作ります。足を取り付けるため、天板の四隅にMDFの厚みと同じ、4mm幅の穴を開けます。

穴の幅は4mmですが、長さは両側0.25mmずつ(合計0.5mm)狭くしてみました。ちょっと狭くデータを作ることで、足になるパーツを、接着剤を使うことなく、はめ込みで固定することを狙っています。

CO2レーザーカッターEtcherLaserProで、4mm厚のMDFをカットします。パラメータは

スピード:600mm/min
パワー:100%

です。

1分もかからず天板の加工完了。

スポンサーリンク

足のパーツの作成

足のパーツは、このような形にしました。曲線を多用した形状になっています。このパーツを2個切り出します。

EtcherLaserProのカメラ機能を使って、MDFの空いたスペースに、カットするアイテムを配置します。

指定した場所が、カットされていきます。

続いて2枚目をカットします。もう一度カメラ機能を使って、さらに空いたスペースにアイテムを配置します。

EtcherLaserProのカメラ機能は、本当に便利です。虫食いになった材料でも、画像を見ながらカットしたいアイテムを配置できるので、材料の空いたスペースを有効利用することができます。

スポンサーリンク

組み立て

天板の穴に、足のパーツを差し込みます。0.5mm狭く設計したので結構きつめでしたが、接着剤を使うことなく、きっちりぐらつきなく足が固定されました。

スポンサーリンク

完成!!

任天堂スイッチ台

任天堂スイッチを置いてみると、まさにぴったりサイズです!任天堂スイッチに合わせて設計したので当然ですが…。

これで楽な姿勢でゲームをプレイすることができます。レーザーカッターで任天堂スイッチ用のミニテーブルができました。

コメント